BASEL WORLD 2012 | 2012BASEL WORLD 新作 レポート

BASEL WORLD時を巡る旅2012

 本年(2012年)3月8日から15日までの8日間、バーゼル市メッセ会場にて開催された世界最大の時計宝飾見本市「バーゼルワールド(BASELWORLD)」。時計関係者だけでも10万人を越す来場者は年々増加の一途を辿り、当年はついに過去最高人数である10万4300人を記録した(勢いづくスイス時計の詳細は菅原 茂氏連載『スイス時計事情』第4回をご覧頂きたい)。その後押しをするのが世界市場でも購買意欲と購入力に勝る中国勢であることは間違いない。


 一方、全体の新作傾向を見ると、リーマン・ショック以降ここ3〜4年継続する“保守本道”路線の定着である。自社の歴史を踏まえた上でいちばん確実な製品および製品ジャンルを選択し、そこに特化集中(ひとつとは限らないが)する方法論はますます堅固なように見える。本年ではGMT、ワールドタイムといった新顔に加え、昨年来続くパイロットウォッチが際立っていた。


 奇しくも本年は元々の興りであった時計宝飾見本市が「BASEL」と改称して30年という記念年。そして来年の2013年はメイン会場であるホール1を中心とした建物が新造され、まったく新しいプレゼンテーションの場が出現する。スイスのみならず世界最高峰の時計宝飾展示会の展開に目が離せない状況である。


取材・文:田中克幸 Report&Text:Katsuyuki Tanaka / 写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)



BASEL WORLD 2012 Brand List | 2012年BASEL WORLD 取材ブランド一覧


BASEL WORLD 2012 Editors | 2012年BASEL WORLD スイス取材チームのご紹介


BASEL WORLD 2012 information | 2012年BASEL WORLD 取材詳細

BASEL WORLD(バーゼル・ワールド)2012 詳細

開催期間 : 
2012年3月8日(木)〜15日(木)

出展ブランド : 
ロレックス(ROLEX)、ブルガリ(BVLGARI)、ブライトリング(BREITLING)、カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER)、シチズン(CITIZEN)、ラドー(RADO)オメガ(OMEGA)、アルピナ(ALPINA)、フレデリック・コンスタント(FREDEROQUE CONSTANT)、ハミルトン(HAMILTON)、メカニケ・ヴェローチ(MECCANICHE VELOCI)、エドックス(EDOX)、ブレゲ(Breguet)など



BASEL WORLD(バーゼルワールド、バーゼル・フェア)とは?
スイスで開催されるこのBASEL WORLD(バーゼルワールド、バーゼル・フェア)という祭典では、毎年世界のウォッチブランドが一同に集結して、新作発表がおこなわれています。バーゼルワールドは世界最大級の規模を誇り、時計だけではなく宝飾やジュエリーなどの展示もおこなうワールドメッセです。また、このバーゼルワールドはSIHHと違い、一般客も入場できるオープンな会場となっています。
多数のウォッチブランドが、この日の新作発表の場にそなえて、向こう一年の社運をかけた渾身のニューウォッチを携えてやってくるこの祭典は、腕時計ファンには見逃せない内容となっています!
Gressiveでは毎年スイスへ赴き、バーゼルワールド(BASEL WORLD、通称バーゼルフェア)の会場から、新作ウォッチの情報をどこよりも早く配信しています。

 Gressiveメルマガ、FACEBOOK、Twitterでは腕時計の最新情報やコンテンツの更新情報をお届けしています。2012年のBASEL WORLD(バーゼルワールド)レポートの更新情報もこちらからお届けしています。
 この機会にぜひ、最新情報メルマガ、FACEBOOK、Twitterにご登録ください。





MENU | メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

PEQUIGNET

PORSHE DESIGN


2015 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。