BASEL WORLD2012 CUERVO Y SOBRINOS New Model | 2012年 クエルボ・イ・ソブリノス新作情報

創業130周年記念モデルに込められる濃厚なラテン・スピリットの歴史
クエルボ・イ・ソブリノス(CUERVO Y SOBRINOS)

  2003年のバーゼルワールドにおいて、彗星のごとく現れたキューバ生まれのスイス名門時計「クエルボ・イ・ソブリノス(CUERVO Y SOBRINOS。以下CYS)」。本年2012年の当展示会では、創業130周年を迎え、濃密なラテン文化を湛える記念モデル群が発表された。しかし、この130年はけして順風満帆なものではなかった。

  1882年、ラテンアメリカで繁栄を極めていたキューバの首都ハバナでも、とりわけ高級店が並ぶ一等地キンタ通りに創業した時計宝飾店「La Casa(ラ・カーサ=家)」。これが彼らのルーツである。20世紀に入り、特にアメリカ合衆国の富豪、文化人、俳優達の一大リゾート歓楽都市となったハバナの発展に伴い、CYSはパテック フィリップやロレックスなどスイス一流時計会社とのダブルネーム・ウォッチを生産。当時すでにスイスのラ・ショー・ド・フォンで製造活動を行っていた。しかし、1959年のキューバ革命ですべてが一変し、CYSも長い休眠時代を迎える。


  この40年以上に及ぶ沈黙に終止符を打ち、CYS復興の立役者となったのが、現プレジデントのマルツィオ・ヴィラである。イタリアの実業家である彼は、あるとき全くの偶然からCYSの時計を知り、発作的とも言える感情でこのブランドの再建に乗り出す。2001年のことだ。その道程は険しいものだったが、ヴィラの卓見はCYSを規模拡大型の量産時計にはせず、奇抜なメカニズムも搭載せず、小規模ながらラテン・スピリッツを濃厚に受け継ぐ個性を与えたことであった。

 記念年となる本年は、ペンとのセット販売が話題となった「ヒストリアドール 130周年記念モデル(HISTORIADOR 130° Anniversary)」や、「プロミネンテ 130周年記念限定モデル(PROMINENTE 130° Anniversary)」など、あくまでもラテンにこだわった出色の個性派モデルが揃い、プレスやリテイラーなどの多くの訪問客を歓迎した。



取材・文:田中克幸 Report&Text:Katsuyuki Tanaka
撮影:高橋和幸(PACO) Kazuyuki Takahashi(PACO)

※表記は2012年7月現在のものになります。



2012 BASEL WORLD SHOP Recommended Brand2012年BASEL WORLD(バーゼル・ワールド)バイヤーおすすめブランド紹介

カミネトアロード店 トミヤ タイムアート店 日新堂銀座本店 小柳時計店


CUERVO Y SOBRINOS Contents List | クエルボ・イ・ソブリノス コンテンツリスト

CUERVO Y SOBRINOS MENU | クエルボ・イ・ソブリノス メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。