SIHH 2017 | 2017 SIHH 新作 レポート 厳選コレクションで時計の魅力を訴求。高級時計新時代の幕開けを予感させる時計の祭典

SIHH時を巡る旅2017

2017 SIHH REPORT
厳選コレクションで時計の魅力を訴求
高級時計新時代の幕開けを予感させる時計の祭典

 早いものでSIHH(Salon International Haute Horlogerie = 国際高級時計サロン)がジュネーブで開催されるようになり今年(2017年)で27回目。会場はいつもと同じジュネーブ空港に隣接する見本市会場「PALEXPO(パレクスポ)」。開催期間は2017年1月16日から20日であった。


 今回の出展ブランドは、カルティエ、オーデマ ピゲ、A.ランゲ・アンド・ゾーネ、ボーム&メルシエ、グルーベル・フォルセイ、IWC、ジャガー・ルクルト、モンブラン、パネライ、パルミジャーニ・フルリエ、ピアジェ、リシャール・ミル、ロジェデュブイ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ヴァンクリーフ&アーペル、ジラール・ペルゴ、ユリス・ナルダンの17ブランド。


 さらに昨年同様「Carre des horlogers(カレ・デ・オルロジェ=時計の広場)」と呼ばれるスペースが設けられ、ここに、クリストフ・クラーレ、グローネンフェルド、H.モーザー、オートランス、HYT、ローラン・フェリエ、MB&F、マニュファクチュール・コンテンポレーヌ・デュ・トン、レソンス、ロマン・ジェローム、スピークマリン、ウルベルク、ヴティライネンという13の独立系ブランドが出展した。


 したがって今回の話題のひとつが、ジラール・ペルゴとユリス・ナルダンというふたつの歴史的メゾンが参加したこと。特にユリス・ナルダンはバーゼルから初めての移行であり、その動向が注目された。


SIHH2017

 そんな話題満載のSIHHだが、肝心の時計はどうか? 第一の印象は、全体に新作の数を絞ってきたと感じるブランドが多いこと。もちろんシンプルなモデルから複雑なモデル、華麗なジュエリー・モデルまで、ずらりとそろっていたが、従来と比べると数を絞った分、内容の濃さで勝負では? と感じた。


 また、価格も抑え気味か? 世界的な経済停滞が続く中、いくらかでも値頃感を出し、多くの人に時計の魅力をアピールしたいという思惑を感じた。


 一方で高額モデルは相変わらず好調で、1億円オーバーの新作もチラホラ。世の中、お金持ちはいるのだな、と感心する。


 また、時計そのものの話題ではないが、今年から一般の入場が認められ、予約してチケットを購入すれば入場可能な日が設けられたのもニュース。残念ながら一般入場日はジュネーブ市内の取材だったので、会場の様子を見られなかったが、このために初日(一般入場は不可)からセキュリティ検査が厳しく、相当、神経を使っていることがうかがわれた。


 このような形で多くの時計愛好家に門戸が開かれるのは良いと思う反面、扱うモノがモノだけに、一抹の不安も感じるのが率直なところ。


 とはいえ、素晴らしいプロダクトであり芸術作品でもある時計の魅力を、どうやったらより多くの人々に伝えられるのか。それを我々メディアとしても真剣に再考する必要があるのでは、というのが新たな展開を見せる2017年のSIHHを体験した感想である。


取材・文:名畑政治 / Report&Text:Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎、江藤義典 / Photos:Ryotaro Horiuchi、Yoshinori Eto


SIHH 2017 Report List | 2017年SIHH ブランドレポートリスト


2017 New model frashreport | 2017年新作速報一覧

SIHH 2017 information | 2017年SIHH 取材詳細

SIHH(Salon International Haute Horlogerie = 国際高級時計サロン)2017 詳細

開催期間 : 
2017年1月16日(月)から20日(金)

出展ブランド : 
カルティエ(CARTIER)、ジャガー・ルクルト(JAEGER-LECOULTRE)、ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)など


  2017年1月16日(月)から20日(金)の期間、スイス・ジュネーブにおいて27回目となるSIHH(Salon International Haute Horlogerie = 国際高級時計サロン)においてGressive編集部は現地で取材を敢行します。現地より速報でお届けする予定の新作情報の配信方法など、詳しくは決定次第「Gressive FACEBOOK」及び「Twitter」、「メールマガジン」にて順次発表しますので、ぜひ「いいね!」やフォロー、ご登録をお願いします。


SIHH(ジュネーブサロン)とは?
SIHH(ジュネーブサロン)とは、リシュモングループを中心とした腕時計ブランドが年1回行なう、国際時計見本市のこと。 正式名称は「Salon International de la Haute Horlogenie=国際高級時計サロン」で、カルティエ(CARTIER)を筆頭にIWCやヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)、オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)などが一堂に会し、最新モデルや最新技術を披露する、時計ファンにとっては見逃せないイベントなのです。
バーゼルワールドから離脱し、1991年から始まったSIHH(ジュネーブサロン)。完全招待制で、入場できるのは厳選された世界各国のプレスやリテーラーのみで厳重なセキュリティチェックが施されています。

about SIHH 2017 | 2017 SIHH(ジュネーブサロン)取材について

  2017年SIHH(ジュネーブサロン)取材予定ブランドは以下になります。※都合により変更になることがございます。

2017年SIHH(ジュネーブサロン)取材予定ブランド

CARTIER(カルティエ)
AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)
A.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)
VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)
JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)
PIAGET(ピアジェ)

Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)
MONTBLANC(モンブラン)
BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)
PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)
H.Moser & Cie.(H.モーザー)
Urwerk(ウルベルク)

RICHARD MILLE (リシャール・ミル)
IWC (アイ・ダブリュー・シー)
ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ)
GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
ULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン)
ROMAIN JEROME(ロマン・ジェローム)
OFFICINE PANERAI(オフィチーネ パネライ)

 Gressiveメルマガ、FACEBOOK、Twitterでは腕時計の最新情報やコンテンツの更新情報をお届けしています。2017年のSIHH(ジュネーブサロン)、WPHH(World Presentation of Haute Horlogerie)レポートの更新情報もこちらからお届けしています。
 この機会にぜひ、最新情報メルマガ、FACEBOOK、Twitterにご登録ください。




”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅



MENU | メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

PORSHE DESIGN


2015 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。