BASEL WORLD 2010 FREDERIQUE CONSTANT New Model | 2010年 フレデリック・コンスタント新作情報

市場動向は変われども、スタイルは不変。ユーザーに愛される良心時計は今年も健在。

フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)  2010年のバーゼル・ワールドでは、多くのブランドが戦略的に時計の価格を抑えてきた。これはユーザーサイドから見れば嬉しいことだが、その一方で「では今までの価格は何だったのか?」との疑念が湧いてくるのも事実。時計の適正価格とは? という新しい命題にぶつかったのも、今年の特徴だ。


  そんな移り変わりの激しい市場動向の中で、相変わらずの誠実さを見せたのが、フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)である。


 1988年の創業以来、クラシックで手に入れやすい価格帯の時計を一貫して作ってきた同社は、時計バブル時代もその姿勢を崩すことはなかった。


  例え自社製ムーブメントであったとしても、20万円台からラインナップし、ダイアルのオープンワークという時計のトレンドを作ってきたフレデリック・コンスタントこそ、"スイス時計の良心"と呼ぶにふさわしい。



  価格競争が激化しつつある時計界にあって、今年のフレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)にはきらりと光る秀作が揃った。その筆頭は限定モデルの「ランナバウト」。今年は自社製ムーブメントにパワーリザーブモジュールを組み込んだ「キャリバーFC720」を開発し、時計に搭載している。


  そして新コレクションとなる「ジュニア」にも注目だ。


  機械式時計には“親から子へ、子から孫へ”と受け継ぐモノというイメージがあるが、このジュニアは親から子へとプレゼントする“人生初のスイス製時計”として生まれた。価格も79,800円から揃い、ダイアルやベルトの色をセミオーダーできるという。


  若き時計ファンを増やすとは業界全体のためになる。フレデリック・コンスタントは新興メーカーながら、他社よりも一歩先を見ているようだ。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)

※表記は2010年5月現在のものになります。

フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT)


フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT) についてのお問合せは……
フレデリック・コンスタント相談室
Tel.0570-03-1988
>>フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT) 公式サイトはこちら
>>フレデリック・コンスタント(FREDERIQUE CONSTANT) のGressive掲載ショップはこちら


FREDERIQUE CONSTANT Contents List | フレデリック・コンスタント コンテンツリスト

FREDERIQUE CONSTANT MENU | フレデリック・コンスタント メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。