BASEL WORLD 2010 CLERC New Model | 2010年 クレール新作情報

ケース素材を追加することで新プライスと新しい魅力が増えた

クレール(CLERC)   世界的な不況もあって、多くの時計メーカーが価格を意識した戦略を取らざるを得ない。しかしプライスダウンによって魅力まで低減してしまっては意味がない。既に販売されている既存モデルとのバランスも含め、価格を見直すという作業は、非常にナーバスな問題を含んでいるのだ。

  1874年に創業し、1997年に時計メーカーへと特化。クレール(CLERC)らしい華のあるオーラを利用した"テクノリュクス(テクノロジー×ラグジュアリー)"な時計で人気だが、やはり時勢を考慮した価格戦略を練り直す必要があった。

  その最大のポイントはケース素材の追加。従来のチタンケースは軽量で頑強な素材だがその分、加工が難しいため複雑構造のケースを持つクレールの場合、どうしてもコストが高くなってしまうのだ。

クレール(CLERC)   そこで現当主であるジェラルド・クレール(Gérald Clerc)は「ハイドロスカフ(Hydroscaph)」に、初のステンレススチール・ケースを追加することにした。
  もちろんここにはコスト以上に明確な理由もある。ユーザーからは「ややグレーがかったチタンケースよりも明るい色が欲しい」「高級時計ならではの重みも楽しみたい」という声が上がり、それに対応するためにステンレススチールのケースを採用したのである。ユーザーの側に立てば、ケース素材が追加される=選択肢が増えるということになるのだから、これはありがたいことだ。

  時計のスタイルは時代に応じて変化する。コストもその要因にはなるだろう。 価格を下げるための闇雲なスタイル変更はブランド価値を下げるだけだが、クレールのように価値を生み出す戦略であれば、誠実なブランドという評価が加わる。逆境だからこその"したたかさ"も、このブランドの実力なのだ。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)

※表記は2010年6月現在のものになります。

クレール(CLERC)クレール(CLERC)


クレール(CLERC) についてのお問合せは……
一新時計株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-17 イーグル浜松町ビル9F
Tel:03-6854-5800
>>クレール(CLERC) 公式サイトはこちら
>>クレール(CLERC) のGressive掲載ショップはこちら


CLERC Contents List | クレール コンテンツリスト

CLERC MENU | クレール メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

MEISTER SINGER

PEQUIGNET

PORSHE DESIGN

CLERC


2015 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。