メインコンテンツに移動

2019 New Model | BVLGARI
2019年 ブルガリ新作情報

ブース撮影:堀内僚太郎 Photo:Ryotaro Horiuchi

2019年 バーゼルワールド
超薄型ウォッチのレコードホルダー
また新たな勲章を獲得する

 限られたスペースに繊細なパーツを組み込む超薄型ウォッチは、時計技術をアピールするだけでなく、優れた着用感という点でも価値がある。


 現在の時計業界で“超薄型”といえばブルガリ。なにせ既に薄型時計に関する4つの世界記録(自動巻きウォッチ、手巻きトゥールビヨン、自動巻きトゥールビヨン、自動巻きミニッツリピーター)を保持していたが、2019年はここに「自動巻きクロノグラフ」という新たなワールドレコードを加えたのだ。


 しかも実用性やデザイン性を全く失っていないのが見事。ブルガリは様々な超薄型ウォッチを作ることで経験を積み、薄さだけではなく、時計としての完成度を高めている。これは驚くべき事である。



    デザイン、技術、スタイルなど
    様々な手法でメンズウォッチを表現

     3月開催のバーゼルワールドに巨大なブースを構える「ブルガリ(BVLGARI)」だが、1月のジュネーブでも飛び切りの新作を先行発表する。会場となったレマン湖畔の高級ホテルには、CEOのジャン‐クリストフ・ババン氏を筆頭にブルガリウォッチの重要人物がズラリと勢揃いしており、バーゼルワールドに負けない熱気を含んでいた。今回最大のニュースは、あのジェラルド・ジェンタの名が復活したことだろう。さらに4つの薄型記録を持つブルガリらしく、極薄トゥールビヨンをカーボンケースで作るという離れ業をやってのけた。そして旗艦コレクションへと成長した「オクト」は、スタンダードな“ローマ”、薄型の“フィニッシモ”に続いてスポーティな“オリジナーレ”が誕生している。これだけでも十分な陣容だが、バーゼルワールドにはこれ以上のモデルが用意されているというのだから恐ろしい。



    BASELWORLD 2019 BVLGARI BOOTH2019年バーゼルワールド ブルガリ ブース内画像

    ブース撮影:堀内僚太郎 Photo:Ryotaro Horiuchi



    MODEL Catalogブルガリ モデルカタログ

    ブルガリのモデルをもっと見る

    INFORMATION

    ブルガリ(BVLGARI)についてのお問合せは・・・

    ブルガリ/ブルガリ ジャパン
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-12
    TEL: 03-6362-0100


    ブルガリ ブランドページを見る

    NEW RELEASE

    新着情報をもっと見る