メインコンテンツに移動

BASELWORLD 20192019年 バーゼルワールド 新作 レポート

2019 BASELWORLD REPORT
時は巡り、時代は動く。
新しい時代に即した時計見本市のカタチとは?

 気がつけば2019年も3月。いよいよバーゼルワールドの幕開けです。本年は大手時計グループが参加を取りやめると共に、他のブランドでも出展を見合わせたり、別会場で新作発表会を行うなど、いわゆる“バーゼル離れ”の傾向がさらに強まっています。


 とはいうものの依然として時計界におけるバーゼルワールドの存在価値は高く、我々プレスとしても、同じ会場で集中して各社の新作を取材できる機会としてバーゼルの存在をないがしろにすることは不可能です。


 同時に興味深いのは、このような出展減少にどのようにバーゼルワールド事務局が対処するのか、そして世界から集まったバイヤーやプレスは、これをどう捉えるのか、といったこと。そこでグレッシブとしても、単に各社の新作を紹介するだけでなく、可能な限りその周辺の状況や事情も含めて、皆さんにお伝えできればと考えています。


 その方策のひとつとしてグレッシブ本誌で展開する「時を巡る旅」の速報に加え、Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)などを駆使し、スタッフ独自の目線からのリアルなレポートや動画を配信していきますので、こちらにもご注目いただければと思います。


文:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata


Gressive取材スタッフ紹介

  • 名畑 政治
  • 名畑 政治
    Masaharu Nabata


    Gressive編集長。1959年、東京都生まれ。時計、カメラ、ギター、ファッションなど膨大な収集品をベースに、その世界を探求。1994年から毎年、スイス時計フェア取材を継続中。

  • 篠田 哲生

    篠田 哲生
    Tetsuo Shinoda


    1975年、千葉県生まれ。40を超える媒体で時計記事を担当しており、10数年ものスイス取材歴を重ねてきたが、この業界では今でも“若手”というちょうどよい湯加減のポジションをキープ。快適な出張にこだわり続け、スイスに小型炊飯器を持ち込み、朝から飯を炊くという業界屈指の実践派。

  • 竹石 祐三

    竹石 祐三
    Yuzo Takeishi


    1973年、千葉県生まれ。1998年よりモノ情報誌編集部に在籍し、2011年から時計記事を担当。2017年に出版社を退社し、Gressiveの記事制作に携わる。

  • 堀内 僚太郎

    堀内 僚太郎
    Ryotaro Horiuchi


    フォトグラファー。1969年、東京都生まれ。1997年に独立。広告、ファッション、CDジャケットやポートレイト等で活動。2006年からスイス時計フェアの撮影を続け、2009年からGressiveに参加。2018年にH2Fotoを立ち上げ写真講師としても活動。

  • 江藤 義典

    江藤 義典
    Yoshinori Eto


    フォトグラファー。1981年、宮崎県生まれ。2001年に上京。2006年、知人の紹介でカメラマンの個人スタジオのアシスタントに。スタジオ勤務を通し写真撮影とデジタル・フォト加工技術を習得。2013年に独立し、自らのスタジオを開設。Gressiveをはじめ、メンズ誌、モノ情報誌、広告等で活動。スイス時計フェアは2015年から撮影を継続。

現地より編集部のメンバーがSNSを更新! ぜひフォローして下さい。


2019 New Model |2019年 ブランド新作リスト


BASELWORLD 2019 Gressive official service |2019年 バーゼルワールド 現地速報SNS&メルマガ

Gressiveの公式instagram、facebook、twitterでは、現地取材中の編集部より速報が送られています。また、facebookとtwitterではGressiveに新着情報が追加されるとお知らせが届きます。ぜひフォローしてお待ちください。
また、Gressiveの最新情報をお届けするメルマガもございます。こちらも是非、ご登録ください。

BASELWORLD 2019 information |2019年 バーセルワールド 取材詳細

BASELWORLD(バーゼル・ワールド)2019 詳細

開催期間 : 
2019年3月21日(木)から26日(火)

出展ブランド : 
ロレックス(ROLEX)、パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)、ブルガリ(BVLGARI)、ブライトリング(BREITLING)、カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER)、シチズン(CITIZEN)、アルピナ(ALPINA)、フレデリック・コンスタント(FREDEROQUE CONSTANT)、ハミルトン(HAMILTON)、メカニケ・ヴェローチ(MECCANICHE VELOCI)、エドックス(EDOX)、ベル&ロス(BELL & ROSS)など

SIHH(ジュネーブサロン)とは?
スイスで開催されるこのBASELWORLD(バーゼルワールド、バーゼル・フェア)という祭典では、毎年世界のウォッチブランドが一同に集結して、新作発表がおこなわれています。バーゼルワールドは世界最大級の規模を誇り、時計だけではなく宝飾やジュエリーなどの展示もおこなうワールドメッセです。また、このバーゼルワールドはSIHHと違い、一般客も入場できるオープンな会場となっています。
多数のウォッチブランドが、この日の新作発表の場にそなえて、向こう一年の社運をかけた渾身のニューウォッチを携えてやってくるこの祭典は、腕時計ファンには見逃せない内容となっています!
Gressiveでは毎年スイスへ赴き、バーゼルワールド(BASELWORLD、通称バーゼルフェア)の会場から、新作ウォッチの情報をどこよりも早く配信しています。

 Gressiveメルマガ、FACEBOOK、Twitterでは腕時計の最新情報やコンテンツの更新情報をお届けしています。2019年のSIHH(ジュネーブサロン)、WPHH(World Presentation of Haute Horlogerie)レポートの更新情報もこちらからお届けしています。
 この機会にぜひ、最新情報メルマガ、FACEBOOK、Twitterにご登録ください。




NEW RELEASE

新着情報をもっと見る