メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 編集コンテンツ一覧
  3. ふたつのオリジナル・カクテルからインスパイアされた 美しい日本の情景を映す セイコー プレザージュ STAR BAR 限定モデル
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

Gressive Impression  ふたつのオリジナル・カクテルからインスパイアされた 美しい日本の情景を映す セイコー プレザージュ STAR BAR 限定モデル

本格機械式時計と
世界最高峰バーテンダーの出会い

銀座の名店「STAR BAR TIES」に展示されたセイコーの「プレザージュ STAR BAR 限定モデル」

“世界最高峰バーテンダー”岸 久(きし ひさし)さんがオーナーである銀座の名店「STAR BAR TIES」に展示されたセイコーの「プレザージュ STAR BAR 限定モデル」。岸さんが生み出した二種類のオリジナル・カクテルにインスパイアされた二種類のダイアルを搭載する合計4モデルが発表された。

  日本の時計の底力。それを証明するのが『セイコー プレザージュ』である。日本国内で製造された自社製機械式自動巻きムーブメントを搭載し、同じく国産の外装部品をアッセンブリして4万円台からというプライスはまさに破格。機械式時計入門者のみならず、時計愛好家のデイリー・ウォッチとしてもオススメなのである。


  そのコストパフォーマンス抜群のプレザージュに、新たに加えられた限定コレクションが「STAR BAR 限定モデル」。このモデルは、1996年に日本人で初めてIBA(世界バーテンダー協会)が主催する「世界カクテルコンクール」で、日本人初の世界チャンピオンとなり、2008年にはバーテンダーとして初めて「現代の名工」に選ばれた岸 久(きし ひさし)さんとのコラボレーションによって誕生した。


  銀座 STAR BAR オーナーの岸さんは、ふたつのオリジナル・カクテルを考案。それが「Starlight(スターライト)」と「Sakura Fubuki(さくらふぶき)」であり、これらのカクテルにインスパイアされ、ふたつのパターンのダイアルが生まれ、それぞれのダイアルが三針デイトのシンプルなモデルと、カレンダー&パワーリザーブ表示を持つモデル、合計4種類のモデルに採用されたのである。

美しい日本の情景をイメージした
ふたつのカクテルから生まれたダイアル

岸さんが考案したインフィニティ・シェイク

岸さんが考案したインフィニティ・シェイクは前後に振りながら左右のひねりを加えることで直径50ミクロン以下のマイクロバブルを発生させることができ、カクテルの口当たりを柔らかく滑らかにする。

  世界最高峰のバーテンダーである岸さん。彼が編み出したスペシャルなテクニックが、“インフィニティ・シェイク”と呼ばれる独特のシェイキング技法である。


  通常、シェイカーの振り方には、単純に前後に振る方法や、それに上下の動きを加えたもの、また縦8の字に振る方法などがあるが、岸さんが編み出したのは、前後に振りながら左右へのひねりも加えた「インフィニティ・シェイク」。


  この複雑な動きはなかなか真似のできないものだが、これによって直径50ミクロン以下のマイクロバブル(極小の泡)が発生し、口当たりを滑らかに、味をソフトにする効果があるという。


  このインフィニティ・シェイクを駆使して誕生したオリジナル・カクテルが、「Starlight(スターライト)」と「Sakura Fubuki(さくらふぶき)」だ。


  そのレシピ(配合)は、「Starlight」がサントリーの国産グレーンウイスキー「知多」をベースに、バイオレットリキュールと銀座で収穫されたはちみつ、そしてソーダ。


  もうひとつの「Sakura Fubuki」は、サントリーが国内生産するジン「ROKU」をベースに、甘酒、桜シロップ、ココナツウォーターを加えたもの。カクテルの中で浮遊する甘酒の麹が、舞い落ちる桜の花びらを表現したという。

取材・文:名畑政治 / Report&Text:Masaharu Nabata


SEIKO(セイコー) についてのお問合せは……
セイコーウオッチ株式会社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2F
TEL:0120-061-012 (お客様相談室)
>>セイコー(SEIKO) 公式サイトはこちら
>>セイコー(SEIKO) のGressive掲載ショップはこちら

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る