モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)

2008 BASEL & SIHH モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)

 モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)はここ数年、非常に話題の多いブランドである。とりわけ、完全自社製ムーブメントの発表や、2007年発表のニューモデル「マスターピース クロノグラフ」がデザイン賞を獲得したというニュースが、記憶にあたらしい。今年は、既存モデルの意匠面での見直しが図られ、より洗練されたディティールへとブラッシュアップされた。加えて、前代未聞の“記憶装置”を内蔵する「メモワール1」をはじめとした、自社製ムーブメント搭載モデルを3種発表し、さらなるマニュファクチュール(自社一貫生産)化にむけて胎動している最中だ。



  「マスターピース」は、セミ・コンプリケーションモデルを中心にラインナップする、モーリス・ラクロアの枢要をなすラインである。同ラインの「カランドリエ レトログラード」は2003年に発表されて以来、時計フリークからも高い評価をうけてきた人気モデルであったが、今回のバーゼルワールドにて外装のマイナーチェンジを遂げ、ムーブメントに同ブランドの研究開発部門と工場が尽力してつくりあげた、自社製キャリバーを搭載してリニューアルした。サファイヤクリスタル製のケースバックから、4分の3をブリッジが覆ったブラックゴールド仕上げの美しい機械が眺められる。

モデル名:マスターピース・カランドリエ レトログラード / ケース径:46mm / ケース素材:SS / 防水性:5気圧 / ストラップ:クロコダイル / ムーブメント:手巻 自社製Cal.ML150、毎時18,000振動、48時間パワーリザーブ / 仕様:レトログラード式日付表示、パワーリザーブ表示 / 予価:1,365,000円(税込) / 発売予定:2008年 秋

 上のモデルと同じく、2008年のバーゼルワールドにて初披露された新キャリバー、Cal.ML150を搭載した限定版。刮目すべきは、完全自社製ムーブメントだけではなく、モーリス・ラクロアが視座する「時計製造技術の伝統に立脚しながらも、現代的なデザインとディティールにこだわり抜く」という命題が、みごとに体現されたコンテンポラリーな意匠にあるだろう。ダイヤル上に10時位置にレトログラード式日付表示、2時位置にパワーリザーブ表示、そして6時位置にスモールセコンドが絶妙なバランスで配置されており、スリムで直線的な5本の針が交差しあって美しい旋律を描く。

モデル名:マスターピース・カランドリエ レトログラード リミテッドエディション / ケース径:46mm / ケース素材:18KPG / 防水性:5気圧 / ストラップ:クロコダイル / ムーブメント:手巻 自社製Cal.ML150、毎時18,000振動、48時間パワーリザーブ / 仕様:レトログラード式日付表示、パワーリザーブ表示 / 予価:3,150,000円(税込) / 発売予定:2008年 秋


 既存のオーソドックスなライン「ポントス」も、ケースフォルムや細部の仕上げを大幅に向上させ、姿を現した。ごくシンプルなデザインながら、非常にエッジの効いた針やインデックス、そしてリューズなどが、やはり現代的な印象を与える時計だ。自社にケース工場を構える、スイスの時計業界においても数少ないブランドならではの強みが、今年度は最大限に活かされた渾身のプロダクトたちがそろった。

モデル名:ポントス・スモールセコンド / ケース径:43mm / ケース素材:SS / 防水性:5気圧 / ストラップ:クロコダイル / ムーブメント:手巻(ETA製ユニタス6498-1ベース)cal.108、毎時18,000振動、48時間パワーリザーブ / 予価:304,500円(税込) / 発売予定:2008年 秋

 「ポントス・グランギッシェ・GMT」もディティールが見直され、進化して出現。インデックス部分がプリントからアップライド仕様に刷新されたことと、ケースの研磨仕上げもポリッシュとサテンを巧妙に使い分けたことにより、従来機よりもかなり高級感が増した。モーリス・ラクロアが現在歩みはじめている方向性を、はっきりと掲げ示すためのフルリニューアルといえるだろう。

モデル名:ポントス グランギッシェ・GMT / ケース径:40mm / ケース素材:SS / 防水性:5気圧 / ストラップ:SS / ムーブメント:自動巻 Cal.129、毎時28,800振動、44時間パワーリザーブ / 予価:420,000円(税込) / 発売予定:2008年 秋


 モーリス・ラクロアの未来を占う意味でも非常に重要なモデル「メモワール1」がついに姿を現した。604個ものパーツから成る機械式時計で、時刻表示機能とクロノグラフ機能をプッシュボタンで切り替えることができ、かつそれぞれの機能の情報を“記憶”することができる、驚愕のメカニズムをもつ自社開発キャリバーML128を搭載している。モーリス・ラクロアが現在、全く新しいムーブメントの開発に渾身の力を注いでいることを示す意欲作である。

モデル名:メモワール1 / ケース径:49mm / ケース素材:18KWG / 防水性:5気圧 / ストラップ:アリゲーター / ムーブメント:自動巻 自社製Cal.ML128 毎時28,800振動、4日間パワーリザーブ / 価格未定 / 発売予定:2009年春


取材・文:越知 絵里香  写真:板津 亮

※表記は2008年6月現在のものになります。

モーリス・ラクロア についてのお問合せは…
日本デスコ株式会社
〒102-0092 東京都千代田区隼町 2-13 プライムビル
TEL: 03-5214-3600
モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)のGressive掲載ショップはこちら







・A. LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)
・ALPINA(アルピナ)
・ALAIN SILBERSTEINl(アラン・シルベスタイン)
・ANONIMO(アノーニモ)
・ANTOINE PREZIUSO(アントワーヌ・プレジウソ)
・ARNOLD & SON(アーノルド&サン)
・AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)
・AZIMUTH(アジムート)

・BACKES & STRAUSS(バックス&ストラウス)
・BALL WATCH(ボール ウォッチ)
・BARTHELAY(バルトレー)
・BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)
・BELL & ROSS(ベル&ロス)
・BLANCPAIN(ブランパン)
・BLU(ブルー)
・BOVET(ボヴェ)
・BREGUET(ブレゲ)
・BREITLING(ブライトリング)
・BREITLING for BENTLEY(ブライトリング・フォー・ベントレー)

・CARL F. BUCHERER(カール F. ブヘラ)
・CARLO FERRARA(カルロ・フェラーラ)
・CHAUMET(ショーメ)
・CHRONOSWISS(クロノスイス)
・CITIZEN(シチズン)
・CONCORD(コンコルド)
・Cuervo y Sobrinos(クエルボ・イ・ソブリノス)
・CVSTOS(クストス)

・DE BETHUNE(ドゥ ベトゥーン)
・deLaCour(ドゥラクール)
・DE WITT(ドゥヴィット)
・Dior(ディオール)

・EBEL(エベル)
・EBERHARD(エベラール)
・EDOX(エドックス)
・EPOS(エポス)

・FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)
・FERRARI ENGINEERED BY OFFICINE PANERAI
(フェラーリ・エンジニアド・バイ・オフィチーネ・パネライ)

・FORTIS(フォルティス)
・FRANCK MULLER(フランク・ミュラー)
・FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)

・GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)
・GIULIANO MAZZUOLI(ジュリアーノ・マッツォーリ)
・GLASHÜTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)
・GRAHAM(グラハム)
・GREUBEL FORSEY(グルーベル・フォーシィ)
・GRIMOLDI(グリモルディ)

・HAMILTON(ハミルトン)
・hD3 Complication(エイチ・ディー・スリー コンプリケーション)
・H.Moser&Cie(H.モーザー)
・HUBLOT(ウブロ)
・HYSEK(ハイゼック)

・IWC(アイ・ダブリュー・シー)

・JACOB & Co.(ジェイコブ)
・JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)
・JAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)
・JAERMANN & STUBI(ヤーマン & ストゥービ)
・JEAN‐MAIRET&GILMAN(ジャン-メレ&ギルマン)
・JEANRICHAR(ジャンリシャール)

・LONGINES(ロンジン)
・LOUIS ERARD(ルイ・エラール)

・MARTIN BRAUN(マーティン・ブラウン)
・MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)
・MONTBLANC(モンブラン)
・MOVADO(モバード)

・NOMOS(ノモス)
・NUBEO(ヌベオ)

・OMEGA(オメガ)
・ORIS(オリス)

・PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)
・PANERAI(パネライ)
・PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)
・PAUL PICOT(ポール ピコ)
・PERRELET(ペルレ)
・PIAGET(ピアジェ)
・PIERRE KUNZ(ピエール・クンツ)

・RADO(ラドー)
・RICHARD MILLE(リシャール・ミル)
・RODOLPHE(ロドルフ)
・ROLEX(ロレックス)

・SEIKO(セイコー)

・TAG Heuer(タグ・ホイヤー)
・TECHNOMARINE(テクノマリーン)
・TISSOT(ティソ)

・U-BOAT(ユーボート)
・ULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン)
・UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)

・VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)
・Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)
・VERSACE(ヴェルサーチ)
・VICTORINOX SWISS ARMY(ビクトリノックス・スイスアーミー)
・VULCAIN(ヴァルカン)

・WALTHAM(ウオルサム)

・ZENITH(ゼニス)



MENU | メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。