メインコンテンツに移動

SIHH2018 AUDEMARS PIGUET New Model2018年 オーデマ ピゲ新作情報

enter

名作「ロイヤル オーク オフショア」誕生25周年と
「ミレネリー」の新型メッシュ・ブレスレットに注目

“複雑時計の揺りかご”と呼ばれるスイス・ジュウ渓谷。ここで1875年に創業したスイス屈指のウォッチ・マニュファクチュールがオーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)だ。


 2018年、オーデマ ピゲがSIHHで発表した新作で目立ったのは、なんといっても「ロイヤル オーク オフショア(ROYAL OAK OFFSHOR)」のコレクション。それも当然。実は2018年で「ロイヤル オーク オフショア」は誕生から25周年を迎え、これにちなんだスペシャルなモデルが数多く発表されたのである。


 さらに目玉は、現時点で世界最薄の永久カレンダーとなる「ロイヤル オーク RD#2(ROYAL OAK RD#2)」。このモデルのムーブメントは、薄さを実現するため、ムーンフェイズ・ディスクのカムを歯車に組み込んだり、48か月で一周する歯車に閏年(うるうどし)周期のカムを組み込むなど独創的な構造が採用され、ブリッジを廃止して3層構造を1層に集約するなどした結果、シンプルな二針デイトの「ロイヤル オーク エクストラ シン(Ref. 15202IP.OO.1240IP.01)」のケース厚8.1mmよりも薄いケース厚6.3mmを実現している。


 また「ミレネリー(Millenary)」のレディス・モデルも登場。このコレクションには、巻き線が同方向に配置されるミラネーゼ・ブレスレットとはひと味違って、長いゴールドのワイヤーを交互に編み込むことで、さらに立体感と豊かな表情を際だたせたポーランド風ブレスレットが採用されている。



取材・文:田中克幸(ページ01)、名畑政治(ページ02、03、04、05、06、07) / Report&Text:Katsuyuki Tanaka、Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎(ページ02、03、04、05、06、07) / Photos:Ryotaro Horiuchi
※表記は2018年7月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2018年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



SIHH 2018 AUDEMARS PIGUET NEW Release2018年SIHH オーデマ ピゲ オフィシャルニュース


SIHH 2018 FLASH Report AUDEMARS PIGUET BOOTH2018年SIHH オーデマ ピゲ ブース内画像

SIHH 2018のオーデマ ピゲ ブース内の様子を全天周画像でご覧いただけます。スマートフォンでご覧の方は、FACEBOOKページにてご覧いただけます。

>Gressive Facebookはこちら


ブース撮影:篠田哲生 Photo:Tetsuo Shinoda


INFORMATION

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)についてのお問合せは・・・

オーデマ ピゲ ジャパン株式会社
104-0061 東京都中央区銀座6-5-13
TEL: 03-6830-0000


オーデマ ピゲ ブランドページを見る