メインコンテンツに移動

BASELWORLD 2018 NOMOS Glashütte New Model2018年 ノモス グラスヒュッテ新作情報

enter

普通をつき詰めた普通じゃない良質時計

「ノモス グラスヒュッテ(NOMOS Glashütte)」というブランドは、時計についてよく考えている。スイスやドイツの老舗と勝負するために、自分たちの強みを磨くのだ。一つはデザイン。バウハウス様式の機能美デザインを追求することで、ノモスの個性を作った。もう一つがムーブメント。徐々に自社ムーブメント化を進めているが、その際にも後発組だからこそ他社にはない強みを探し出す。彼らが選んだのは「薄型化」だった。自社製ムーブメント「ネオマティック」は、実用性の高いカレンダー付きのCal.DUW 6101へと進化したが、それでも厚みを3.6mmに抑えた。しかも使い勝手を犠牲にせず、日付の双方向早送りを可能にし、誤作動しないように歯車の構造も新設計している。こういった開発には派手さがないので、大きなニュースにはなりにくい。しかしノモス グラスヒュッテが目指すのは、あくまでも“良い時計”であり、派手な仕掛けは必要としない。そういったドイツ的な実直な時計が評価されるのは嬉しい事である。



取材・文:篠田哲生 / Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:江藤義典 / Photos:Yoshinori Eto
※表記は2018年9月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2018年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



BASELWORLD 2018 FLASH Report NOMOS Glashütte BOOTH2018年BASELWORLD ノモス グラスヒュッテ ブース画像

BASELWORLD 2018のノモス グラスヒュッテ ブースの様子を全天周画像でご覧いただけます。スマートフォンでご覧の方は、FACEBOOKページにてご覧いただけます。

>Gressive Facebookはこちら


ブース撮影:篠田哲生 Photo:Tetsuo Shinoda


INFORMATION

ノモス グラスヒュッテ(NOMOS Glashütte)についてのお問合せは・・・

株式会社 大沢商会 時計部
103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町1-7
TEL: 03-3527-2682