メインコンテンツに移動

SIHH2017 CARTIER New Model2017年 カルティエ新作情報

新たな芸術技法による創造性の追求 幅広く奥深いカルティエの新作コレクション
カルティエ(CARTIER)

 SIHHという世界的な時計展示会で主導的な地位を保ち続けるカルティエ(Cartier)。そのカルティエの新作は、今年もベーシックな薄型モデルからきらびやかな宝飾技術を駆使した芸術的な作品までの幅広いラインナップで我々を迎えた。


 まずお知らせしたいのは2016年のSIHHで発表され、カルティエの新しいメンズ・ウォッチ・コレクションとして注目された「ドライブ ドゥ カルティエ(Drive de Cartier)」に、早くもふたつの新たなモデルが加わったこと。


 ひとつは厚さわずか6.6mmの極薄ケースを採用した「ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット ウォッチ(Drive de Cartier Extra-Flat Watch)」。もうひとつが高精度な月相表示機能を搭載する「ドライブ ドゥ カルティエ ムーンフェイズ ウォッチ(Drive de Cartier Moon Phases Watch)」である。


 そのどちらも洗練されたスタイルで男のライフスタイルを華麗に演出してくれるに違いない。つまり、簡単に言えば “カッコいい!” のだ。


 そして、カルティエの芸術的時計作りを体現する工房「メゾン デ メティエダール」で新たな技法を用い製作された新作「ロンド ルイ カルティエ XL フレームドゴールド(Ronde Louis Cartier XL flamed gold)」に注目。パンテールの繊細な毛並みが独自の技法で巧みに表現されている。


 さらにレディース・モデルでは、1983年に発表された伝説のウォッチが再び現代に蘇った「パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ(Panthère de Cartier Watch)」が登場。ケースはステンレススティールとコンビ、18K ゴールドがあり、かつてサテン仕上げだったものをポリッシュ仕上げとし、ブレスレットの構造を大幅に変更。丸みを帯びたリンクでフィット感を向上させている。



取材・文:名畑政治 Report&Text:Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎、江藤義典 / Photos:Ryotaro Horiuchi、Yoshinori Eto
※表記は2017年2月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。




CARTIER(カルティエ) についてのお問合せは……
カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL: 0120-301-757
(年末年始を除く毎日10:00-20:00)
CARTIER(カルティエ) 公式サイトはこちら
CARTIER(カルティエ) のGressive掲載ショップはこちら

MODEL Catalogカルティエ モデルカタログ

カルティエのモデルをもっと見る

INFORMATION

カルティエ(Cartier)についてのお問合せは・・・

カルティエ カスタマー サービスセンター
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4
TEL: 0120-301-757


カルティエ ブランドページを見る