メインコンテンツに移動

SIHH2015 Van Cleef & Arpels New Model2015年 ヴァン クリーフ&アーペル新作情報

創造性に磨きをかけ 見る人全てを虜にする
ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)

「餅は餅屋」という言葉がある。物事にはそれぞれに専門家がいるという意味だが、時計業界の場合は、必ずしも時計専業メーカーだけが評価される訳ではない。

  伝統産業である時計業界では、時に“過去”や“伝統”が重荷になることがある。ルールを打ち破ることができずに、凡庸で既視感のあるデザインが多く見られるのはそのせいだ。その点、ジュエラーが作る時計は、伝統の頸木から逃れているからか、発想の自由度が高い。目指すのは“美しく、ロマンティックな時計”であること。その一点なのだ。

  つまり創造力に限界を設けないので、デザインだけでなく、使用する技法や宝石の大きさや数、さらには価格からも自由になれるのだ。


  1906年にパリで創業したヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)は、詩的でロマンティックな世界を、時計を使って表現する“ポエティック コンプリケーション”というスタイルを確立。時計としての機能はもちろんだが、エナメルや彫金などの美的技法を用いて、華やかな世界を表現している。

  今年の新作は、残念ながらレディスモデルが主役。しかし、ブースの内部には、贅沢を凝らした時計がいくつも並んで、目を楽しませる。

  特に目を奪ったのは、「アブストラクションウォッチ」という名のジュエリーウォッチ。着脱できる3体構造のブレスレットで構成され、その中央にジャガー・ルクルトの手巻きムーブメントを搭載する。その風防はガラスではなく、一粒の巨大なダイヤモンドを使用しており、価格は7億3320万円!(税抜き・予価)。ヴァン クリーフ&アーペルの創造性は、留まることを知らないのだ。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎 Photo:Ryotaro Horiuchi

※表記は2015年4月現在のものになります。



Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル) についてのお問合せは……
ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク
東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル
TEL:0120-10-1906
>>ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels) 公式サイトはこちら
>>ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels) のGressive掲載ショップはこちら

INFORMATION

ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)についてのお問合せは・・・

ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク
102-0083 東京都千代田区麹町1-4
TEL: 0120-10-1906


ヴァン クリーフ&アーペル ブランドページを見る