メインコンテンツに移動

2015 BOVET New Model2015年 ボヴェ新作情報

 充実した自社開発ムーブメント 個性的な意匠と共鳴して魅力が倍加
ボヴェ(BOVET)

  2015年1月のSIHHと時を同じくして、ジュネーブの高級ホテルにおいて開催されたボヴェ(Bovet)の新作発表会。

 今回もまた、昨年に引き続き、自社製ムーブメントを主軸とする驚くべきコンプリケーション・モデルが多数、発表された。

 まず注目すべきは「アマデオ フルリエ ヴィルトゥオーソ V(Amadeo Fleurier VIRTUOSO V)」。ジャンピングアワーとレトログラードミニッツを組み合わせた表の文字盤と、通常の時分針を備える裏の文字盤の両方が、ボヴェ独自のリバース着用が可能な“アマデオ・コンバーチブル・ケース”の採用により、自在に使い分けることが可能となっている。


 また、昨年は「ディミエ(DIMIER)・コレクション」で発表された自社製キャリバーが、今回は新たにアマデオ・コレクションとして登場。その名が示すとおり、表裏両面で着用できるアマデオ・システムを採用。しかも驚くべき事に秒針が表でも裏でも同じく時計方向に回転するという、独自のコーアクシャル・セコンド機構を導入し、裏返した場合でもごく自然に時計として使うことができるのである。

 もちろん、これらのモデルの他にも、マザー・オブ・パールにCNC加工で花の絵柄を彫り込み、そこにゴールドのパウダーを埋め込んだ特別な文字盤を持つ「シャトー・ド・モティエ40“フラワー・オブ・ライフ”(COLECTION CHATEAU DE MOTIERS 40 “Fleur de vie”)」や、ムーブメント自体に装飾を施し、天使や鳩、象などを表現した「アマデオ フルリエ 44 トゥールビヨン ヴィルトゥオーソ IV(AMADEO FLEURIER 44 Tourbillon VIRTUOSO IV)」など、芸術的なコレクションも発表された。



取材・文:名畑政治 Report&Text:Masaharu Nabata
写真:奥田高文、堀内僚太郎 Photos:Takafumi Okuda、Ryotaro Horiuchi
※表記は2015年5月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2015年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。

BOVET(ボヴェ) についてのお問合せは……
DKSHジャパン株式会社
〒108-8360 東京都港区三田 3-4-19
TEL: 03-5441-4515
>>ボヴェ(BOVET) 公式サイトはこちら
>>ボヴェ(BOVET) のGressive掲載ショップはこちら



MODEL Catalogボヴェ モデルカタログ

ボヴェのモデルをもっと見る

INFORMATION

ボヴェ(BOVET)についてのお問合せは・・・

DKSHジャパン
〒108-8360 東京都港区三田3-4-19
TEL: 03-5441-4515


ボヴェ ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る