BASEL WORLD2014 CARL F. BUCHERER New Model | 2014年 カール F. ブヘラ新作情報

知られざる有名ブランドの
地に足の着いた良作たち
カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER)

  メインホールに巨大なブースを構えるカール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER)。日本では知る人ぞ知る存在だが、ヨーロッパにおけるステイタスの高さは本物。メインホールは、スウォッチ グループやブライトリング、ロレックスなど限られた有名ブランドしか入ることを許されないが、カール F. ブヘラもそれに並ぶだけの価値を持っているということだ。

  カール F. ブヘラの名声は、名門時計宝飾店ブヘラとの関係から生まれた。1888年にスイス中央部の都市ルツェルンで創業した時計宝飾店ブヘラは、世界屈指の観光地という立地を活かして時計販売ビジネスを軌道に乗せた。現在ではスイス国内外に販売ネットワークを築いており、“世界最大級”の規模を誇る。

  カール F. ブヘラは、その名門ブヘラのオリジナルウォッチがルーツとなる。時計店の時計と侮るなかれ。全盛期にはスイス時計ブランドの中でも上位クラスのクロノメーター認定数を誇り、スイス時計製造協会にも参加していた程だった。


  時計業界にも認められていたブヘラのオリジナルウォッチを、2001年に独自の高級時計ブランドとして独立させたのが「カール F. ブヘラ」。ブランド自体は若いが、その前に積み上げてきた歴史があるため、ステイタスが高いのだ。

  カール F. ブヘラの今年の新作展開はやや大人しめ。ただし時計は魅力的だ。新作「パトラビ スキューバテック」は、同社初のダイバーズウォッチ。大型ケースに肉厚のベゼル、シンプルな表示など、“ダイバーズウォッチのドレスコード”に沿った形で展開する手堅さを見せている。

  いくら名門時計宝飾店の威光があったとしても、カール F. ブヘラは時計ブランドとしては小規模である。無茶な拡大路線ではなく、地に足の着いた堅実路線を進む姿勢も、いかにもスイスブランドらしくて好感が持てる。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎 Photos:Ryotaro Horiuchi

※表記は2014年7月現在のものになります。



CARL F. BUCHERER(カール F. ブヘラ) についてのお問合せは……
ブヘラジャパン
〒104-0045 東京都中央区築地2-15-19 ミレニアム築地ビル 8階
TEL: 03-6226-4650
E-mail:info@carl-f-bucherer.co.jp

>>カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER) 公式ページはこちら
>>カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER) のGressive掲載ショップはこちら


CARL F. BUCHERER Contents List | カール F. ブヘラ コンテンツリスト

CARL F. BUCHERER MENU | カール F. ブヘラ メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

junghans

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。