メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. オリス(ORIS)
  4. ブランドニュース一覧
  5. 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube
  • LINE

ORIS | オリス 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」

ORIS(オリス) 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」

 2022年の新作としてオリスが、ニューヨークハーバーに10億個のオイスターを再生するという意欲的目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援するために、アクイスをベースにした2,000本限定モデル、「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」を発表しました。グリーンマザーオブパールのダイアルにラバーストラップをセットして、付替ブレスレットと付替え用工具が付属します。


みんなで一緒に
 オリスが引き続き「よりよい社会への変革」を目指す活動を継続して、私たちの誰もがそれぞれの立場で貢献できるというメッセージを伝えます。

 国や大企業、非営利団体だけでなく、普通に暮らしている私たち一人ひとりが気候変動に責任があり、それぞれに貢献できることがあります。オリスが目指す「よりよい社会への変革」は、あらゆる立場からの協力を必要とします。

 オリスは、命の源である世界中の水に注目して、その保全活動を積極的に支援してきました。例えばバイカル湖の調査・観測や、オーストラリアやフロリダのサンゴ礁再生プログラム、海洋プラスチックごみ問題などの広報を支援する時計を発表してきました。

 自分たちの周りで清掃活動も行ってきました。2021年には、クライメイト・パートナーによって気候中立企業の認定を受け、最初のサステナビリティレポートでカーボンオフセット活動や、今後3年間に毎年10%ずつカーボンフットプリントを削減する計画についての詳細を発表しました。いま、サステナビリティとよりよい社会への変革は、オリスの企業理念の一つとなり、すべての製品、全ての経営判断に反映されています。

 この夏、世界で最も汚染された水路のひとつであるニューヨークハーバーの環境を復元するビリオン・オイスター・プロジェクトの支援にも取り組みます。

 当プロジェクトのために、高性能ダイバーズウォッチのアクイスをベースにした、2000本限定のニューヨークハーバー リミテッドエディションが発売されます。オイスターシェルと港湾の水をイメージした、グリーンマザーオブパールのダイアルが特徴です。

ORIS(オリス) 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」

10億の理由
 オリスは新しい取り組みとして、ニューヨークハーバーのオイスター生態系の再生に取り組む、ビリオン・オイスター・プロジェクトに参画します。

 オリスの「よりよい社会への変革」を目指す活動の一環として、ニューヨークハーバーの失われたオイスター生態系を再生させる非営利活動ビリオン・オイスター・プロジェクトを支援します。このプロジェクトは2035年までに10億個のオイスター生態系を復元させるという、壮大な目標を掲げています。

 数世紀前は、ニューヨークハーバーの22万エーカー(約27万坪)をオイスターが占めていました。そこで成長したオイスターは一日50ガロン(約200リットル)の水を漉すフィルターの役目をして、他の海洋生物のエコシステムにも寄与していたのです。嵐から港を守る効果もありました。海のオイスターリーフは森の木同様の役割を持つのです。

 ニューヨーク市が世界の物流拠点として発達し、そこに住む人々は港湾のオイスターを食べました。同時に、そこには下水や工業廃水が流れ込みます。20世紀初頭には港湾は汚染され、海洋生物が死滅してしまったのです。

 ニューヨーク市が1972年に「クリーンウォーター条例」によってゴミや未処理廃水の投棄を禁止した後、徐々に水質は改善されて、21世紀には少しずつ海洋生物も戻ってきました。2010年にはクジラが湾内で発見されています。

 ビリオン・オイスター・プロジェクトは、2014年に、今と未来の世代を啓蒙することが保存活動には不可欠だと考えた、教員のマリー・フィッシャーとピート・マリノフスキーによって発足しました。

 それ以来、1万1千人のボランティアが活動に参加し、8千人の学生、ニューヨーク市内の100の学校、50件を超えるレストランがパートナーとして協力して、オイスターを放したり、リーフを作ったり、情報発信したりしてきました。

 みんなで力を合わせてよりよい社会への変革に取り組んでいるのです。ビリオン・オイスター・プロジェクトで7千5百万個のオイスターを放流し、14.5エーカー(約1800坪)に18か所の若いオイスター生息域が出来ています。ニューヨークハーバーのオイスターは、今や自活するまでになりました。

ORIS(オリス) 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」

アイデアの結晶
 ビリオン・オイスター・プロジェクトの共同創立者兼エグゼクティブディレクター、ピート・マリノフスキーが2035年までに10億個のオイスターをニューヨークハーバーに再生させられると確信する理由を説明します。

- ピートさん、ご自身についてお話しください。
私が育った家はオイスター養殖をしていて、放課後や休みの間はそこで手伝っていました。大学卒業後、公立学校の教師としてニューヨークに赴任して、ニューヨークハーバースクールの創設者マリー・フィッシャーと出会い、一緒にビリオン・オイスター・プロジェクトを立ち上げました。私たちはハーバースクールの生徒たちに様々な海洋産業を経験する機会を与えることや、より良い授業のための、オイスター再生プロジェクトについて話し合いました。私は2008年から養殖や、オイスターの育て方などを生徒に教え始めて、それがビリオン・オイスター・プロジェクトに発展したのです。

- ビリオン・オイスター・プロジェクトとは?
教育活動をとおしてニューヨークハーバーに10億個のオイスターを再生させるという、非営利活動です。それだけでなく、公立学校の生徒たちに優れた教育を提供することで、生徒たちが環境改善意識を持ち、結果的に自然環境に良い影響を与えることを目的としています。生徒たちが責任感を持つことで、環境保全に貢献できるようになると信じています。

- 何故、港湾のオイスターを再生させることがそれほど重要なのですか?
森と同じですよ。オイスターは森でいうところの木と同様、エコシステムに重要な役割を果たします。オイスターは集積して3次元の立体構造になり、他の生物に棲家を提供します。昔、ニューヨークハーバーでオイスターの群れが他の数百種類の生物に食料や住む場所を鄭起用していました。水のフィルターとしても、防波堤としても役割を果たしていました。オイスターを復活させることで、当時のエコシステムを復元できるのです。

- どうやってオイスターを復活させるのですか?
先ず、50を超えるニューヨーク市内のレストランからオイスターの殻を回収します。毎週およそ6千ポンド(約2.7トン)の殻を回収して、ガバナー島に運び、山積みにして野ざらしで1年置きます。それから洗浄して、ボランティアたちがその殻でリーフ構造を作って、湾の水で満たしたタンクに浸し、オイスターの幼生をその中に放流します。数日後、その幼生が殻のリーフに付着して自分の殻を作り始めると、「卵」として湾に移動できるのです。それらは18か所の復元スポットに移され、学校の生徒や近隣のグループが観察して、変化を記録します。

- これまで大きな成功事例はありますか?
オイスターリーフの周りの水質が明らかに改善されて、透明度も高くなっています。クジラやアザラシ、タツノオトシゴやヨウジウオなど他の野生生物も見られるようになってきました。

- ゴールとして目指すものは何ですか?
2035年までに10億個のオイスターを再生させる活動に100万人の参加者を集めたいです。そして、ニューヨーク市民が遠くの海に行くではなく、すぐ近所の海岸で地元の自然を楽しむようになってほしいです。

- これを読んでいる人たちも何か手伝うことはできますか?
ニューヨークにいらっしゃれば、ボランティアとして私たちと一緒に活動していただくこともできますし、地元の学校やレストランに協力してもらえるよう推薦していただくこともできます。メンバーは協賛レストランのオイスター券をもらうこともできます。

- オリスとのパートナーシップはどういうものですか?
委員会のメンバーであるザンダー・フォンがこのプロジェクトをオリスに紹介してくれました。ビリオン・オイスター・プロジェクトはオリスと相性がいいですし、とても良い企画だと思います。ニューヨークハーバー リミテッドエディションによる資金援助はとてもありがたいです。2022年に、ニューヨークハーバーに1億個のオイスターを再生させられる見通しで、タイミングも素晴らしいと思います。

- 高級ブランドが環境保全活動に参加することは重要ですか?
オリスのような老舗の高級ブランドの協力は、ビリオン・オイスター・プロジェクトのような活動にとって何よりの支援です。資金援助に留まらず、世界中に私たちの活動についての情報を発信してもらえます。目標達成に向けて大変大きな力になります。

New York Harbor Limited Edition
ニューヨークハーバー リミテッドエディション

Ref:01 733 7766 4187-Set
ケース径:41.5mm
ケース素材:マルチピースステンレススチール
防水性:30気圧(300m)
ストラップ:グリーンラバーストラップ、エクステンション型フォールディングクラスプ付きマルチピースステンレススチールブレスレット、ストラップ付替え工具が付属
ムーブメント:自動巻き、Cal.Oris733、38時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、クイックデイト、デイトコレクター、ストップセコンド、6時位置デイト表示、グリーンマザーオブパールダイアル、ミニッツスケールをレリーフしたステンレススチールの逆回転防止ベゼル、針とインデックスにスーパールミノバ
限定:世界限定2,000本、限定番号付、スペシャルボックス 価格:363,000円(税込)
発売予定:2022年6月

ORIS(オリス) 2022新作 ニューヨークハーバーに10億のオイスターを再生させる目標を掲げる非営利活動「ピリオン・ オイスター・プロジェクト」を支援。オリス「ニューヨークハーバー リミテッドエディション」


※2022年6月時点での情報です。掲載当時の情報のため、変更されている可能性がございます。ご了承ください。

BRAND NEWSオリス ブランドニュース

オリスのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS オリス コンテンツ一覧

INFORMATION

オリス(ORIS)についてのお問合せは・・・

オリスジャパン株式会社
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3-14 和光オリスビル
TEL: 03-6260-6876

オリスのオフィシャルサービスはこちら instagram instagram youtube youtube facebook facebook twitter twitter Pinterest Pinterest

オリス ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る