メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. ブルガリ(BVLGARI)
  4. ブランドニュース一覧
  5. 2020新作 ローマの空に思いを馳せる。ブルガリ「ルチェア スケルトン ブルー」日本限定モデルが登場
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

BVLGARI | ブルガリ 2020新作 ローマの空に思いを馳せる。ブルガリ「ルチェア スケルトン ブルー」日本限定モデルが登場

BVLGARI(ブルガリ) 2020新作 ローマの空に思いを馳せる。ブルガリ「ルチェア スケルトン ブルー」日本限定モデルが登場

 2020年の新作としてブルガリより日本限定モデル「ルチェア スケルトン ブルー」が登場します。

「ルチェア」コレクションより発表する日本限定モデルは、イタリアを愛する日本に眩いばかりの光を与えます。「ルチェア スケルトン ブルー」は、ローマの空とモニュメントを表現しています。ダイアルには、ブルーのマザー オブ パールとダイヤモンドをあしらい、洗練を極めたスケルトンに仕上げました。ローマの時のジュエラーと呼ばれるブルガリが満を持して贈る艶やかさが際立つ日本限定は、ローマの空を讃えています。

「ルチェア スケルトン」はエレガントなラウンドシェイプのタイムピースとして知られています。コレクション名の「ルチェア」はラテン語で光を意味し、オープンワークと軽快なデザインが特徴です。新作の「ルチェア スケルトン ブルー」は、プレシャスストーンや希少な素材に対するジュエラーの揺るぎない情熱を伝えます。ケースとリューズはステンレススティール製で、リューズにはカボションカットのピンクストーンをセッティングしています。ダイアルはオープンワークのスケルトン仕様で、スイスにあるブルガリのマニュファクチュールにて手作業で作られた精巧な自社製ムーブメント キャリバーBVL 191SK機械式の有機的な動きが見て取れます。

「ルチェア スケルトン ブルー」は、光とローマを祝福しています。ブルーが「ルチェア スケルトン ブルー」の基本色です。ブルガリでは初のブルーの繊細なマザー オブ パールを使用し、ライトブルーのアリゲーター製ストラップをあしらいました。「ルチェア スケルトン ブルー」はローマの空を思わせる穏やかな色彩のコンビネーションで、満ち足りた調和を表現しています。

 このプレシャスなダイアルはブルガリの精神によって形作られたことが一目でわかるほどに、ブランドの核となる価値観を映し出しています。「ルチェア スケルトン」は、ウォッチメーカーのロゴの文字をデザインの不可欠な要素として取り入れた史上初めてのスケルトンウォッチです。クラフツマンシップと巧みな素材の組み合わせを同時に提示することは、ローマンジュエラーの特徴の1つです。新しいクリエーションはブルガリの情熱を体現しています。それはローマの時のジュエラーとしてのアイデンティティと L’Estetica della Mecchanica(機械の美学)の中に見いだすインスピレーションであり、大胆さと眩い輝きでこのコレクションに新たな活気を吹き込みます。非凡な技術で実現したエレガントなウォッチの誕生です。

ルチェア スケルトン ブルー 日本限定モデル
Lvcea Skelton BLV Japan Limited edition

Ref:SAP103435
ケース径:33mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:30m
ストラップ:ライトブルーのアリゲーター、ステンレススティール製アーディヨンバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.BVL 191SK(自社製)、42時間パワーリザーブ、毎時28,800振動
仕様:時・分・秒表示、スケルトン仕上げ、カボションカットのピンクストーンとブリリアントカットのダイヤモンドを施したステンレススティール製リューズ、ブルーのマザー オブ パールとダイヤモンドを施したブルガリロゴのオープンワークダイアル、ブルーラッカーの針
限定:日本限定150本
価格:980,000円(税抜)

BVLGARI(ブルガリ) 2020新作 ローマの空に思いを馳せる。ブルガリ「ルチェア スケルトン ブルー」日本限定モデルが登場

BRAND NEWSブルガリ ブランドニュース

ブルガリのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS ブルガリ コンテンツ一覧

INFORMATION

ブルガリ(BVLGARI)についてのお問合せは・・・

ブルガリ/ブルガリ ジャパン
〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-12
TEL: 03-6362-0100


ブルガリ ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る