メインコンテンツに移動

BASELWORLD 2018 BLANCPAIN New Model2018年 ブランパン新作情報


enter

技術力の高さをアピールする
クリエイションは2018年も健在

 2017年に引き続き、2018年も基幹コレクションである「フィフティ ファゾムス」と「ヴィルレ」において高い技術力をアピールしたブランパン。なかでも、フィフティ ファゾムスからはコンプリケーション・モデルが発表され、コレクションをさらに充実させていたのが印象的だ。


 その象徴が「フィフティ ファゾムス ラージデイト(Fifty Fathoms Automatique Grande Date)」。これまで、ヴィルレ コレクションの一部モデルにのみ採用されていたラージデイトを、フィフティ ファゾムスで初採用したモデルだ。そして「フィフティ ファゾムス バチスカーフ アニュアルカレンダー(Fifty Fathoms Bathyscaphe Quantième Annuel)」は、デイリーユースを考慮した小さめのケースサイズが特徴のバチスカーフにふさわしいアニュアルカレンダー機能を搭載。曜日、日付、月の各表示を、ダイアルの2時、3時、4時位置にそれぞれ配すなど、両モデルとも、ダイバーズ・モデルのデザインを損ねることなく、使いやすさを向上させている。


 一方のヴィルレ コレクションもふたつの意欲作を発表。「ヴィルレ ラージデイト レトログレード デイ(Villeret Grande Date Jour Rétrograde)」は、曜日表示にレトログラード機構を採用。ラージデイトも備わり、時刻、日付、曜日、それぞれの判読性を高めつつ、ヴィルレらしい美しさを堪能できる。また、「ヴィルレ フライング トゥールビヨン ジャンピングアワー レトログレード ミニッツ(Villeret Tourbillon Volant Heure Sautante Minute Rétrograde)」は、フライング トゥールビヨンに加え、ブランド初となるジャンピングアワーとレトログラード ミニッツを採用。グラン・フー・エナメルのダイアル上でその軽妙な動きを愉しめる上品な1本だ。


 恒例となった“メティエダール(手仕事の芸術)”作品も、ダイアルに備長炭を用いる新たな手法が取り入れられるなど、伝統と革新性が融合した作風は、2018年も健在である。



取材・文:竹石祐三 Report&Text:Yuzo Takeishi
写真:堀内僚太郎 / Photos:Ryotaro Horiuchi
※表記は2018年5月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2018年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



2018 BLANCPAIN NEW Release2018年 ブランパン オフィシャルニュース


BASELWORLD 2018 Report BLANCPAIN BOOTH2018年BASELWORLD ブランパン ブース内画像

BASELWORLD 2018のブランパン ブース内の様子を全天周画像でご覧いただけます。スマートフォンでご覧の方は、FACEBOOKページにてご覧いただけます。

>Gressive Facebookはこちら

ブース撮影:竹石祐三 Photo:Yuzo Takeishi


ブランパン(BLANCPAIN) についてのお問合せは……
ブランパン ブティック銀座
〒104-8188 東京都中央区銀座 7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター4F
TEL: 03-6254-7233
>>ブランパン(BLANCPAIN) 公式サイトはこちら
>>ブランパン(BLANCPAIN)のGressive掲載ショップはこちら

INFORMATION

ブランパン(BLANCPAIN)についてのお問合せは・・・

ブランパン ブティック銀座
104-8188 東京都中央区銀座7-9-18
TEL: 03-6254-7233