メインコンテンツに移動

ユリス・ナルダン ULYSSE NARDIN

CONCEPT

創業160年を超える老舗ブランドとして、また、近年は新素材と新機構を次々と生み出し時計界を牽引する存在として、大きな影響力を持つユリス・ナルダン。その始まりは、1846年に、スイスのル・ロックルでユリス・ナルダンが時計会社を設立したことに始まる。時計職人である父の指導を受けた後、マリン・クロノメーターや天文時計製作を専門とするフレデリック・ウィリアム・デュボアやルイ・ジャンリシャールへの師事で、ユリス・ナルダンは創業時すでにハイスペックな時計製作で高い技術を誇っていた。1860年には早くもアメリカへ製品を輸出し、その性能は広く国外にも名声を高めていったのである。1876年のユリス・ナルダンの突然の死後、彼の息子が後継者となり、ブランドはさらに躍進していく。各国の国際博覧会などで数々の賞を獲得し、とりわけ船舶用のマリンクロノメーター(海上で揺れる航海時でも、船舶で正確な時刻を知ることができる高性能の時計)の正確さで高い評価を得ていた。実は大正時代の日本政府は、ユリス・ナルダンにとって重要な顧客であったという。その後も順調に高い技術と開発力、特にクロノメーターにおいては他の追随を許さないブランドであったが、クォーツショックの衝撃は大きく、一時は苦境に陥ることになった。しかし1983年、ロルフ.W.シュナイダーに経営が引き継がれた後、ユリス・ナルダンは再びその存在感と、他のどのブランドも真似の出来ない時計づくりの方針を打ち出す。
ルードヴィッヒ・エクスリン博士による「天文三部作」、つまり1985年にバーゼル・フェアで発表された「アストロラビウム・ガリレオ ガリレイ」、1988年の「プラネタリウム コペルニクス」、1992年の「テリリウム・ヨハネス ケプラー」は、古来から関わりの深い天文学と時計、更に現代の天文学と最新の時計技術によって再定義したことで、時計史に大きな足跡を残した。特に2001年のリューズを持たない7日巻きのトゥールビヨン「フリーク」発表以降、実用性に基づいた新機構(デュアル・ユリス・エスケープメント)や、シリシウムとダイヤモンドを採用した新素材(ダイヤモンシル)などの開発力で毎年新作には時計ファンの熱い視線が注がれている。
2008年は「ソナタ シリシウム リミテッド エディション」といったユリス・ナルダンならではのコンプリケーションから「マキシ マリーン ダイバー クロノグラフ」、「フリーク“ブルーファントム”」と、時計ファンを唸らせるいぶし銀のラインナップが顔を揃えた。

    BRAND NEWSユリス・ナルダン ブランドニュース

    ユリス・ナルダンのBRAND NEWSをもっと見る

    SHOP LISTユリス・ナルダン 正規販売店リスト

    2019 ULYSSE NARDIN New Model2019年 ユリス・ナルダン新作情報

    • フリーク X(FREAK X)

      フリーク X(FREAK X)

    • フリーク X(FREAK X)

      フリーク X(FREAK X)

    • フリーク X(FREAK X)

      フリーク X(FREAK X)

    • フリーク X(FREAK X)

      フリーク X(FREAK X)

    2019年 ユリス・ナルダン新作速報をもっと見る

    MODEL Catalogユリス・ナルダン モデルカタログ

    ユリス・ナルダンのモデルをもっと見る

    CONTENTSユリス・ナルダン コンテンツ一覧

    ユリス・ナルダンのコンテンツをもっと見る

    RECOMMEND ITEMユリス・ナルダン 各店おすすめモデル

    ユリス・ナルダンの各店おすすめモデルをもっと見る

    SHOP NEWSユリス・ナルダン ショップニュース

    ユリス・ナルダンのSHOP NEWSをもっと見る

    INFORMATION

    ユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)についてのお問合せは・・・

    ソーウインド ジャパン株式会社
    〒102-0093 東京都千代田区平河町2-2-1
    TEL: 03-5211-1791


    ユリス・ナルダン ブランドページを見る

    NEW RELEASE

    新着情報をもっと見る