メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. ローマン・ゴティエ(ROMAIN GAUTHIER)
  4. ブランドニュース一覧
  5. ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

ROMAIN GAUTHIER | ローマン・ゴティエ ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ) ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

 インサイトマイクロローターシリーズは2017年の発売以来、18Kレッドゴールド、プラチナ、チタンのモデルが発売されましたが、今回、初の18Kホワイトゴールドモデルが限定モデルとして登場しました。

 ゴールドプレートの施された「地板」と、パラジウム処理された「受け(ブリッジ)」が、18Kホワイトゴールドケースに収められたこの三針時計は、スイス時計の伝統に精通した時計愛好家のために作られたモデルと言えるでしょう。

 ローマン・ゴティエ自身が、ゼロから設計した自社製自動巻きムーブメントは、22Kゴールド製の両方向回転式マイクロローターを搭載しています。2つの「受け(ブリッジ)」の間を回転するマイクロローターは、文字盤側、ケースバック側双方からご覧いただけます。ルビーベアリングを使用し、摩擦を最小限にし、耐摩耗性に優れているため、その動きは滑らかであり、音を立てません。また、直列に配置された2つの香箱を、効率よく巻き上げます。フルに巻き上げた状態で80時間のロングパワーリザーブを有します。

 12時位置のオフセンターの文字盤が、時・分針、文字盤中央がスモールセコンドです。6時位置にはテンプ、9時位置には両方向巻きのマイクロローターが配されています。4.5Nローズゴールドプレートが施された「地板」は、ハンドフロスティングによる仕上げがなされています。金色の地板のマット仕上げは、パラジウム処理された「受け(ブリッジ)」のヘアライン仕上げを視覚的に浮き立たせます。

 ケースバックはシースルーバックを採用。マイクロローターから輪列、てんぷに至るまでの「トルクを伝達する一連の構造」や、妥協なく仕上げられたそれぞれのパーツをご覧ください。ケースバック側から見える「受け(ブリッジ)」は地板同様、4.5Nローズゴールドプレートが施されています。その「受け」を、ローマン・ゴティエの特徴である「S字の溝の入ったネジ頭」を持つネジがしっかりと固定されています。

 39.5mmケースは、着けやすいサイズ感です。ケース側面は曲線を描きベゼルと出会います。また、手首の動きを妨げないよう、リューズは2時位置に配されています。そして風防のボンベサファイアクリスタルにつけられた傾斜は、オフセンターに配された時・分の文字盤の上(ゴティエの考える文字盤の中心)で一番高くなるように設計されています。

 ゴティエはこう締めくくります。「ホワイトゴールドのケース、ムーブメントの金色のマット仕上げは、私が思うに、時計作りにおける伝統的な組み合わせであり、愛好家の方々にもご満足いただけると思っております」

 インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデルは18Kホワイトゴールド製ケースの30本限定モデル(文字盤3種×各10本)です。

ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ) ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

■自社製自動巻きムーブメント

 インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデルのムーブメントはスイス・ジュウ渓谷にあるローマン・ゴティエのマニュファクチュールにて、設計から開発、製造、装飾、組み立て、そして調整までが行われています。ゴティエは、この時計を鑑賞する人々が、その壮観な構造と洗練された仕上げを瞬時に堪能することができるよう、インサイトマイクロローターのムーブメントの視認性をできる限り高めました。この作品が「インサイト(洞察力)」と名を有する理由はそこにあります。

 両方向回転式のマイクロローターは、逆転歯車によって実現しています。マイクロローターの回転方向が変わる際、逆転歯車の歯が逆に噛み合うよう働きかけられ、逆方向にもスライドするようになっています。

ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ) ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

 ゴティエは、ルビーベアリングにそれぞれ取り付けられた2つの「受け(ブリッジ)」の間を、マイクロローターが回転するよう設計しました。金属対金属の接触を避けることは時計作りにおける原則なので、金属対ルビーとなるようにしたのです。ルビーは摩擦係数が低いのに対し耐摩耗性に優れるため、この装置では例えば雑音や摩耗をもたらす恐れのある金属製ボールベアリングではなく、滑らかかつ音を出さないマイクロローター回転を実現する、この赤い石を採用しました。

 このマイクロローターの相対的重量を考慮し、下部からの1つの「受け(ブリッジ)」の支えしか無いフライングローターの採用は避けました。その代わりとして、上部および下部から2つの「受け(ブリッジ)」にサンドイッチのように挟まれた、より安定性の高いマイクロローターを設計しました。

ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ) ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

Insight Micro-Rotor White Gold Limited Edition
インサイトマイクロローター ホワイトゴールド限定モデル

ケース径:39.5mm
ケース厚:12.9mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性:5気圧(50m)
ストラップ:手縫いブラウンアリゲーター、18Kホワイトゴールド製ピンバックル
ムーブメント:自動巻、自社製、毎時28,800振動、80時間パワーリザーブ、33石
仕様:オフセンター時表示、 分・スモールセコンド表示、グランフーブラックエナメル製ダイアル(18Kゴールド製のベース)、18Kホワイトゴールド製針
限定:10本
価格:9,700,000円(税抜)
※バリエーションあり(価格は全て同じ)
グランフーホワイトエナメル製ダイアルに青焼き針、限定10本
グランフーブルーエナメル製ダイアルに18Kホワイトゴールド製針、限定10本

ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ) ローマン・ゴティエの「インサイトマイクロローター」に初のホワイトゴールドモデルが数量限定で登場

BRAND NEWSローマン・ゴティエ ブランドニュース

ローマン・ゴティエのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS ローマン・ゴティエ コンテンツ一覧

INFORMATION

ローマン・ゴティエ(ROMAIN GAUTHIER)についてのお問合せは・・・

スイス プライム ブランズ株式会社
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
TEL: 03-4360-8669


ローマン・ゴティエ ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る