メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. リシャール・ミル(RICHARD MILLE)
  4. ブランドニュース一覧
  5. 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

RICHARD MILLE | リシャール・ミル 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

  2020年の新作としてリシャール・ミルより、自社内で開発、デザインが行われた、初の完全自社製フライバッククロノグラフを継祭した「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」が登場します。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

「WITHIN」(真髄)―創造の鼓動

 全ての創造物には、それぞれの内なる世界があります。精神と感覚の狭間で新たなる空間が誕生するのです。唯一無二でありながら、時を超越し、革新的で高い性能を誇る、「RM 72-01オートマティック フライバッククロノグラフ」が、高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生します。

 リシャール・ミル最新の“代表作”-言わば感動のメトロノームは、テクノロジーをもってエレガンスを表現した作品です。何よりも、自社内で開発、デザインが行われた、初の完全自社製フライバッククロノグラフに注目してください。このために専任チームが30か月もの間、取り組んだ成果なのです。

 新作RM 72-01は時間を表示するにあたって、3という数字を計測のビートとして、3・8・11の数字を強調することにより、表現のリズムを生み出しているのです。ブルー、オレンジ、グリーンの3色の針がそれぞれに3種の時(秒、分、針)を示すために6歯コラムホイールによって指揮され、絶妙なハーモニーで動く様子がご覧いただけます。

 このクロノグラフの分から時への連結部は、秒の歯車から独立しています。これが、リシャール・ミルによって開発され、パテントを取得したダブルスイングピニオンの連動機構です。

「歯車にかみ合うこのピニオンは対になっています。ひとつが秒、もうひとつが分のためのものです。このシステムを採用することによって、ムーブメントの中心部に据え付ける垂直構造のクラッチよりも、ムーブメントを薄くすることができるのです。」とムーブメントの技術部長であるサルバドール・アルボナは、そう語ります。さらに結果として、このクロノグラフ機構は、パワーリザーブにも影響を及ぼしません。キャリバーCRMC1は非常に薄く、425もの異なる部品を内蔵しているにも関わらず、わずか6.05㎜を実現しているのです。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

 24時間積算計と60分積算計がそれぞれ5時位置と2時位置に配置され、クロノグラフが短時間の計測のみに備えつけられているのではないこと証しています。このメカニズムは、構想から、製造、組み立てに至るまで、レ・ブルルーにあるブランドのワークショップで為されました。オープンワークとなっているケースバックからこの精密機構をリシャール・ミルの刻印とともに見ることができます。

 このモデルは、5Nレッドゴールド、チタン、ブラックセラミックスとホワイトセラミックスの4つのバリエーションを用意しています。自動巻きで、クロノグラフの使用有無にかかわらず50時間パワーリザーブを保持しています。使用感の良さにこだわった造形をもち、機械と手作業による仕上げが相まって、日常で使える時計としてのデザインを完成させました。

 振付師べンジャミン・ミルピエと音楽家トマ・ルーセルという名高いアーティストによって、この技術および芸術面でも野心的なプロジェクトを表現することがかなうのです。リシャール・ミルと同じくハイブリッドなクリエーターであるこの2人は独特な視野と想像力によって、完璧な時の鼓動と調和するムーブメントへのこだわりをテーマに「WITHIN」(真髄)という傑作を創り上げました。

 バレエと交響楽団というそれぞれの領域にあって、べンジャミン・ミルピエとトマ・ルーセル双方が、伝統と伝承という富をもとに、彼らが敬う芸術を現代的ビジョンへと昇華させました。科学と感情の絶妙な融合がブランドの新しいプロジェクトへと彼らをたちまちにいざなったのです。厳しく守られる真髄と現代的な感性とが力強く融合して独創的作品が完成しました。

「WITHIN」(真髄)と名付けられた彼らの作品において、ベンジャミン・ミルピエはジョシュア・ツリーの砂漠の真っただ中でカメラの後ろに控えました。この無機質で浄化された風景が、リシャール・ミルが時計に表す素材の高貴さと美しさに共鳴します。この究極の舞台でダンサーたちは、秒針がかちかちと躍動するように生き生きとした力強さで時空をかいくぐり、いつ終わるとも知れぬ踊りを続けるのです。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

 人類その起源を再発見しそこに立ち戻るかのようなこの神秘の空間が、トマ・ルーセルにまさしくインスピレーションを与えることになりました。時計のクロノメーター機能を念頭に置いたうえで、作曲家はそこにテンポをつけ、音楽となったリズムがダンサーたちの思いのままあふれ出るエネルギーへとつながり、生命力の渦の周りを神秘的な音楽に包み込まれるのです。この曲は権威あるロンドン交響楽団の50名の団員により、ロンドンのセント・ルーク教会のスタジオで録音されました。

 RM 72-01オートマティック フライバッククロノグラフは、自社ムーブメントの大集成です。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ RM 72-01 Automatic Winding Flyback Chronograph

ケースサイズ:38.40×47.34mm
ケース厚:11.68mm
ケース素材:5Nレッドゴールド
ストラップ:ラバー
防水性:30m
ムーブメント:Cal.CRMC1(自社製)、約50時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、39石 仕様:時・分・秒・日付表示、2時位置に60分積算計(オレンジ)、3時位置にファンクションインジケーター、5時位置に24時間積算計(グリーン)、9時位置に秒針(ブルー)、7時位置に日付け、5Nレッドゴールド製ベゼル、カーボンファイバー製インナーベゼル、5NレッドゴールドとブラックTZPセラミックス製リューズ
予価:26,000,000円(税抜)

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ RM 72-01 Automatic Winding Flyback Chronograph

ケースサイズ:38.40×47.34mm
ケース厚:11.68mm
ケース素材:グレード5チタン
ストラップ:ラバー
防水性:30m
ムーブメント:Cal.CRMC1(自社製)、約50時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、39石 仕様:時・分・秒・日付表示、2時位置に60分積算計(オレンジ)、3時位置にファンクションインジケーター、5時位置に24時間積算計(グリーン)、9時位置に秒針(ブルー)、7時位置に日付け、グレード5チタン製ベゼル、カーボンファイバー製インナーベゼル5NレッドゴールドとブラックTZPセラミックス製製リューズ
予価:20,500,000円(税抜)

RICHARD MILLE(リシャール・ミル) 2020新作 高級時計とダンス・音楽が交差する世界に誕生。リシャール・ミル「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」

BRAND NEWSリシャール・ミル ブランドニュース

リシャール・ミルのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS リシャール・ミル コンテンツ一覧

INFORMATION

リシャール・ミル(RICHARD MILLE)についてのお問合せは・・・

リシャール・ミル GINZA
〒104-0061 東京都中央区銀座8-4-2
TEL: 03-5537-6688


リシャール・ミル ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る