メインコンテンツに移動

AUDEMARS PIGUET | オーデマ ピゲ オーデマ ピゲがプロゴルファーを時計づくりのアートへと誘う

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) オーデマ ピゲがプロゴルファーを時計づくりのアートへと誘う

  2018年10月8日、ル・ブラッシュ . オーデマ ピゲのゴルフドリームチームの3人のメンバー、リー・ウェストウッド、アンドリュー・”ビーフ”・ジョンストン、マット・ウォレスがジュウ渓谷にあるマニファクチュールの故郷、ル・ブラッシュを訪れました。


  ミュージアムと修復工房の訪問を楽しんだ3人のゴルファたちーは、時計のムーブメントの組立に挑戦しました。2005年からブランドアンバサダーを務めるリー・ウェストウッドは、時計師の技術に対する彼の憧れについて「1つ1つの時計にどれだけの考えや技術、忍耐力が注がれているのかを実際に目のあたりにして、ただすばらしいの一言です。」と語りました。新鋭マット・ウォレスも「今年からオーデマ ピゲ・ドリームチームの一員になれたことを誇りに思っています。この美しい地域で育まれたブランドの歴史を体験し、時計師のコートを着て本物のムーブメントで作業を行う機会を心から楽しみました。細部まで目の行き届く時計師の注意力や、ブランドの信念が本当によく分かりました。」グリーン上であっても、オートオルロジュリーの宇宙であっても、常に精度や完璧性、思考と実行両方の美しさが問われるのです。


  マニュファクチュールを訪問した後、元プロゴルファーであるオーデマ ピゲCEOのフランソワ-アンリ・ベナミアスは、3人のアンバサダーたちを観光用ヘリコプターでモントルー近郊のコーにあるシャレー・クロード・ノブスへと案内しました。 このシャレーには、ユネスコが保護する初のオーディオ、映像ライブラリーとして認定されたモントルー・ジャズ・フェスティバルのアーカイブが保管されています。アーカイブには、50年近くものフェスティバルの歴史を収めた15,000時間以上のオーディオ、映像記録が保存されています。

  クインシー・ジョーンズはこのユニークなコレクションを「ジャズ、ブルース、ロックを網羅した、音楽史にとって最も重要な証拠」と評しました。オーデマ ピゲは、このような音源アーカイブのデジタル化、修復、保存を行うモントルー・ジャズ・デジタルプロジェクトを進めるため、Montreux Soundsとスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)を支援しています。このデジタル化プロジェクトは、オーデマ ピゲの革新への探求と遺産や伝統を維持する試みに完璧に合致するものです。


  アンバサダーたちは、シャレーが保有するすばらしい記念品の数々や良質なオーディオ、映像記録に感銘を受けていました。2017年からオーデマ ピゲのアンバサダーを務めるアンドリュー・ジョンストンは、自身の音楽への情熱と通ずるものがあるとし、「この秘密の場所は素晴らしいです。見るべきものがたくさんあります。僕は1日中ここに座って、コンサートを1つずつ順番に聞いていられると思います。」と語りました。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) オーデマ ピゲがプロゴルファーを時計づくりのアートへと誘う

  ゲスト一行は、ジュネーブ湖の美しい風景を臨むシャレー・クロード・ノブスで、出発前に最後のドリンクを楽しみました。


  イギリス出身の3人は、プロゴルファーから成る最高のチームともいえるオーデマ ピゲのゴルフドリームチームのメンバーです。他にウェズリー・ブライアン、 パトリック・カントレー、バド・コーリー、ダレン・クラーク、ポール・ダン、ブレンデン・グレース、エミリアーノ・グリージョ、ティレル・ハットン、ミゲル=アンヘル・ヒメネス、ロマン・ランガスク、レナート・パラトーレ、イアン・ポールター、ザンダー・シャウフェレ、ビジェイ・シン、ヘンリク・ステンソン、アンディ・サリバン、ピーター・ユーライン、ベルント・ウィスバーガー、ダニー・ウィレット、そしてタニア・テアやMe and My Golfなどがメンバーとして名を連ねています。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) オーデマ ピゲがプロゴルファーを時計づくりのアートへと誘う

BRAND NEWSオーデマ ピゲ ブランドニュース

オーデマ ピゲのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS オーデマ ピゲ コンテンツ一覧

INFORMATION

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)についてのお問合せは・・・

オーデマ ピゲ ジャパン株式会社
104-0061 東京都中央区銀座6-5-13
TEL: 03-6830-0000


オーデマ ピゲ ブランドページを見る