メインコンテンツに移動

AUDEMARS PIGUET | オーデマ ピゲ ラーズ・ジャン制作“SLOW-MOVING LUMINARIES”の完成を祝う

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ラーズ・ジャン制作“SLOW-MOVING LUMINARIES”の完成を祝う

 オーデマ ピゲが、マイアミビーチで開催されたアート・バーゼル2017の会期中に、3回目のアートコミッション作品を発表しました。マイアミビーチのオーシャンフロント、Collins Parkに隣接する21st Streetと22nd Streetの間で1ブロックにわたり展開される、ラーズ・ジャン制作による作品“Slow-Moving Luminaries(ゆるやかに動く光)”は、2017年12月5日火曜日に公開されました。3回目を迎えたオーデマ ピゲ・アートコミッションには、ゲストキュレーターとしてキャスリーン・フォルドが招聘され、ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストとともに、プロジェクトの監修を行いました。

 3回目のアートコミッション作品のデビューを記念して、取締役会副会長のオリヴィエ・オーデマが主催するプレスカンファレンスとカクテルパーティーが開かれ、500名を超えるゲストが訪れました。マイアミビーチのオーシャンフロントに設置された、大規模な2階建のパビリオンであるインスタレーションへと歩を進めた鑑賞者は、スクリムと植物でつくられた迷宮を巡ってプレスカンファレンス会場である2階へと到着しました。


  オーデマ ピゲの取締役会副会長であるオリヴィエ・オーデマは、「アートとの関わりや、毎年行われるコミッションにおいて最もやりがいを感じるのは、アーティストやキュレーターと心のこもった交流の機会が得られるということです。ラーズ・ジャンが私たちの故郷であるル・ブラッシュを訪れた際に、冬について尋ねられた私たちは、かつて今よりもっと積雪量が多かったことを思い出しました。そして、マイアミビーチとその気候について新たなつながりを見いだしまし た。また、私たちの行っている時計づくりの伝統、とりわけ手作業による複雑時計制作や、時間の哲学の追求からラーズが得たインスピレーションを目にするのは、非常に興味深いことでした。こういった出会いは、私たちに、アートに対する視点だけでなく、自らに対する視点を変えるきっかけをもたらします。アーティストは、私たちとは違う見方で世界を眺めていて、そのユニークなビジョンを作品に表現します。彼らアーティストは私たちに、仕事や暮らしを違う光の下で 見つめる手助けをしてくれるのです。」と挨拶し、ゲストを歓迎しました。


  ゲストキュレーターのキャスリーン・フォルドは「ラーズの作品では、革新と伝統が融合しています。最先端の複雑な技術を取り入れながらも、そのルーツは生態学、哲学、心理学、歴史、美術史などに根ざしているのです。これら全てがオーデマ ピゲとのコラボレーションにとって重要な存在となり、“Slow-Moving Luminaries(ゆるやかに動く光 )”という作品を通して表現されています。オーデマ ピゲチームが知性という面でも、また創造性という面でもラーズと私を支援してくれたことで、確かなコラボレーションが実現し、真にインパクトのある、実験的作品が生まれました。」と語りました。


  オーデマ ピゲにより選出された、活動家、アーティスト、デザイナー、映像作家、写真家、ディレクター、ライターとして知られるラーズ・ジャンの大胆なアイディアは、2017年のゲストキュレーターであるキャスリーン・フォルドの監修のもと、既存の枠に属さない没入型の体験として実を結びました。選出したアーティストに、資金援助や、アート作品の実現のために必要となる最新の工具やものづくりの専門性、先端技術などのさまざまなリソースを提供することで、オーデマ ピゲは、革新的なアート作品の制作を支援したいと願っています。


  マイアミビーチで開催されるアート・バーゼルの会期中には、チリ人アーティストのセバスチャン・エラズリスによる、さらに進化したオーデマ ピゲ・コレクターズラウンジも公開されました。スイスのジュウ渓谷にあるブランドの故郷を囲む森から着想されたブースには、大きな木の彫“Second Nature(第二の自然)”が設置され、今年初めのアート・バーゼル香港で裸の枝だけだった木は、バーゼルで開催されたアート・バーゼルでは冬から春へと移り変わる中で成長した姿 を見せ、マイアミビーチのラウンジでは、さらにつぼみを付けた姿へと変貌していました。また、デザイナーにとって、ブランドの故郷とその自然環境をクリエイティブに解釈した3部作の完結編となる、2018年のラウンジコンセプトも併せて発表されました。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ) ラーズ・ジャン制作“SLOW-MOVING LUMINARIES”の完成を祝う

BRAND NEWSオーデマ ピゲ ブランドニュース

オーデマ ピゲのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET) コンテンツ一覧

INFORMATION

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)についてのお問合せは・・・

オーデマ ピゲ ジャパン株式会社
104-0061 東京都中央区銀座6-5-13
TEL: 03-6830-0000

オーデマ ピゲのSNSはこちら