メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. A. ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SÖHNE)
  4. ブランドニュース一覧
  5. ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

A.LANGE&SÖHNE | A. ランゲ&ゾーネ ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」

A.LANGE&SÖHNE(A. ランゲ&ゾーネ) ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」

 ランゲ1誕生25周年を記念して製作するアニバーサリーエディション10モデルの一つとして、レトログラード曜日表示とブルーのアクセントを特徴とするダイヤルをホワイトゴールドケースに収めた「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」が25本限定で登場します。このモデルは、A.ランゲ&ゾーネが後援しているドイツ・デュッセルドルフ郊外で開催されるクラシックカーイベント、「クラシック・デイズ 2019」の会場で、会期初日の2019年8月2日(金)夕方(現地時間)に発表されました。

 2010年に発表されたランゲ1・デイマティックは、ランゲ1を鏡映しにしたようなダイヤルと自動巻き機構を備えたモデルです。


同じようでどこか違う

― ランゲ1・デイマティックを一見したところ、ランゲ1のように見えます。しかし、手巻き式のオリジナルのランゲ1とは肝心なところに違いがあります。この時計では、オフセンターデザインのダイヤルがランゲ1と鏡映しになっているのです。

  時分表示は右側に、そしてスモールセコンドとアウトサイズデイトは左側にあります。ランゲ1ではリューズの横にパワーリザーブ表示が配置されていまが、ランゲ1・デイマティックではその反対側にレトログラード式曜日表示が搭載されています。これは、自動巻き時計では、パワーリザーブ残量の表示よりも曜日表示の方が便利だと考えてのことです。さらに、曜日表示はアウトサイズデイトの補足情報としても役立ちます。

 ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”の特徴は、直径39.5ミリのホワイトゴールドケースとシルバーカラーのダイヤルに美しく映える青焼きしたスチール製針です。ランゲ・アウトサイズデイトの数字を含むプリント文字のカラーは、針のブルートーンと統一されています。手縫いのアリゲーターベルトにもこの2色使いのコンセプトを貫き、ステッチ入りのブルーのベルトにホワイトゴールド無垢製バックルを組み合わせています。

 自動巻き式の自社製キャリバーL021.1は、最長50時間のパワーリザーブを蓄えることができます。効率的にゼンマイを巻き上げるのは、プラチナ製分銅を付けた大型センターローターです。このローターが美しい装飾仕上げを施したムーブメント上を回転する間、グラスヒュッテストライプとペルラージュ模様をはじめとするさまざまな装飾技術を駆使して仕上げた部品の数々が見え隠れします。緩急針のない調速機ではランゲ自社製ヒゲゼンマイがテンプを振動させ、テンワに取り付けられた6個の偏心錘で速度を調整しています。そして、ランゲ独特のハンドエングレービング入りテンプ受けにも、“25th アニバーサリー”エディションならではの仕上げ装飾を施しました ―彫り線をブルーに仕上げた花模様に囲まれたランゲ・アウトサイズデイトが、25周年にちなみ25日を示しています。

A.LANGE&SÖHNE(A. ランゲ&ゾーネ) ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」

A.ランゲ&ゾーネが後援する「クラシック・デイズ」について

 ライン川から水が流れ込む濠に囲まれたディック城は、デュッセルドルフ近郊にあります。その英国式庭園を舞台に2019年8月2日から4日まで開催されるドイツ最大のクラシックカーショーでは、自動車の文化史をさまざまな角度からたどることができます。

 このイベントは、ホイールを付けて走る精巧なメカニズムあるいは腕元に着用する精緻な機構に情熱を注ぐ人々が一堂に会する場でもあります。クラシックカー、名車、伝説のレーシングカーに混じって、A.ランゲ&ゾーネは今年初めて、独自のテーマで2つの特集展示を開催します。ディック城庭園では、2019年1月に発表されたばかりのツァイトヴェルク・デイトの大きなレプリカを取り囲むように最新コレクションのモデルを展示します。ここでは、時計師がランゲウォッチを組み立てる様子を見学することができます。

 さらに、「A.ランゲ&ゾーネ館」となるオランジェリーで、ザクセンの工芸美術という大きなテーマで展示を行います。この会場では、グラスヒュッテの工房に勤務する時計師、仕上げ職人、エングレーバーたちの他に、マイセンの絵付師とフォークトラントのバイオリン職人もその伝統豊かな工芸技術を披露します。ここで催される記者会見で、ランゲCEOのヴィルヘルム・シュミットが新作を発表する予定です。その時計は、ランゲ1誕生25周年を記念して製作される10モデルからなる“25th アニバーサリー”コレクションの一つです。A.ランゲ&ゾーネは、2015年からクラシック・デイズを後援している唯一の時計ブランドです。当社はクラシック・デイズの他に、イタリアのコモ湖畔で開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステと、ロンドンのハンプトンコート宮殿で開催されるコンクール・オブ・エレガンスも後援しています。

A.LANGE&SÖHNE(A. ランゲ&ゾーネ) ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」

ランゲ1・デイマティック“25th アニバーサリー”

Ref. 320.066
ケース径:39.5mm
ケース厚:10.4mm
ケース素材:ホワイトゴールド
ストラップ:ブルー手縫いアリゲーター(縫い目グレー) 、ホワイトゴールド製ピンバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.L021.1(ランゲ自社製)、ランゲ最高品質基準準拠、手作業による組立ておよび装飾、五姿勢調整済み、50時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)、67石、毎時21,600振動
仕様:時・分およびストップセコンド機能搭載スモールセコンドによる時刻表示、レトログラード式曜日表示、ランゲ・アウトサイズデイト、ゼンマイ巻上げおよび時刻調整用リューズ、日付および曜日調整ボタン、シルバー無垢ダイヤル
限定:世界限定25本、限定番号01/25~25/25の刻印入り
予価:4,950,000円(税抜)
発売予定:2019年8月以降

A.LANGE&SÖHNE(A. ランゲ&ゾーネ) ランゲ1誕生25周年を記念した自動巻きモデル「ランゲ1・デイマティック “25th アニバーサリー”」

BRAND NEWSA. ランゲ&ゾーネ ブランドニュース

A. ランゲ&ゾーネのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS A. ランゲ&ゾーネ コンテンツ一覧

INFORMATION

A. ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SÖHNE)についてのお問合せは・・・

A.ランゲ&ゾーネ
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4
TEL: 03-4461-8080

A. ランゲ&ゾーネのオフィシャルサービスはこちら facebook facebook youtube youtube instagram instagram

A. ランゲ&ゾーネ ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る