メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 日新堂 大阪ヒルトンプラザ店
  3. おすすめモデル
  4. パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE) ワールドタイム Ref.5230 World Time Ref.5230
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店大阪府大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト1F

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店  店舗コンテンツメニュー

PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ
World Time Ref.5230
ワールドタイム Ref.5230

2016年発表モデル

Ref.5230
K18ホワイトゴールド・ケース
自動巻
ケース径:38.5mm
3気圧防水

PATEK PHILIPPE
パテック フィリップの歴史を語るうえで欠かせないのが、世界各都市のタイムゾーンを同時に表示できる“ワールドタイム”です。

シンプルな表示にもかかわらず、現地時間の変化がわかり、時差まで認識できるワールドタイムの機構やデザインは、時計師ルイ・コティエによって考案され、1937年にパテック フィリップが世界で初めてこの機構を持つ腕時計を製品化しました。

地球の自転と同じように1日24時間で回転するリングが、その外側に置かれた都市名と連携し、世界24のタイムゾーンの時刻を示します。

また、10時位置のプッシャー操作により、都市ディスクが回転。

任意の都市を12時位置まで回転させるだけで、シンクロする時針がその都市のタイムゾーンに切り替わるという、極めて高い有用性が魅力です。


2016年に誕生した新世代のワールドタイム Ref.5230は、機構と審美性を極めたモデルで、デザインにおいても挑戦的。

ケースをはじめ、指針や文字盤などのデザインが10年ぶりの改良として一新されています。

ケースは、ケース径とラグ幅が絞られ、反対に全体の厚みが若干増したことで精悍な雰囲気を漂わせ、ウイングレット・ラグ、ポリッシュ仕上げされた平面的なベゼルがシャープな印象を与えています。

指針は、これまでにないオープンワークが施された時針と菱形の分針との組み合わせに。

文字盤中央には、パテック フィリップ・ミュージアム所蔵の歴史的モデルからインスピレーションを得た、篭の網目を象った手仕上げのギヨシェ装飾が施され、職人の繊細な手仕事を感じることができます。

その他、都市名の配置が外周と内周とで入れ替わるなど、各ディティールが変化を見せています。

生まれ変わったデザインは、デザイン部門のプロフェッショナルたちが、同社のアーカイブを見つめ直し、そこからインスピレーションを得て着想されたもの。

ワールドタイム Ref.5230は、伝統を継承しながら革新を続けるパテック フィリップの新たな歴史を刻むタイムピースです。



Ref.5230
K18ホワイトゴールド・ケース
自動巻
ケース径:38.5mm
3気圧防水

商品の在庫や価格につきましては、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
売切れの節はご容赦ください。


※2020/10/18時点の情報となります。
※2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に変更されます。表示されている価格は新旧税率が混在している可能性があります。ご了承ください。

RECOMMEND ITEM日新堂 大阪ヒルトンプラザ店  パテック フィリップ おすすめモデル

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店 のパテック フィリップおすすめモデルをもっと見る

RECOMMEND ITEM日新堂 大阪ヒルトンプラザ店  おすすめモデル

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店 のおすすめモデルをもっと見る

INFORMATION

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店についてのお問合せは・・・

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト1F
TEL:06-6345-2211 06-6345-2211
定休日:年間2日間(1月1日、6月第1月曜日)
営業時間:11:00~20:00

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店のオフィシャルサービスはこちら facebook facebook
日新堂 大阪ヒルトンプラザ店 トップページへ戻る

日新堂 大阪ヒルトンプラザ店
インフォメーション

㈱日新堂は、売上金の一部を120カ国以上で貧困や紛争に苦しむ子供たちのために教育や栄養・保健などの支援活動を行うNGO「セーブ・ザ・チルドレン」へ寄付しています。
高品質な機械式時計やジュエリーの多くはお子様・お孫様の代まで受け継いでいくことが可能です。

そのようなラグジュアリーな逸品をすべてのお客様に末永くお楽しみいただくためにも希望に満ちた不安のない未来に微力ながら貢献したい、という思いで『美しい未来で、美しい時を刻むために』の合言葉のもと、今、できることから始めています。