CUERVO Y SOBRINOS About CUERVO Y SOBRINOS

 CUERVO Y SOBRINOS -Official Satellite Site-
 CUERVO Y SOBRINOSの紹介

ハバナ 1882年-La Casa高級ジュエリーと腕時計の故郷


19世紀末、カリブ海の真珠とも謳われたハバナは冒険家や船員はいうまでもなく、知識人、ビジネスマン、世界の名士が集う場になります。ここは他とは違った時が流れ、意識と気楽なライフスタイルが共存し、存在の自由をもたらす世界が存在するそんな島でした。そこにはアルマンド・リオ・イ・クエルボとその兄弟たちがおじであるラモンの創業したジュエリーと腕時計製造業に打ち込み、巧みに商売がおこなえる特別な雰囲気がありました。(「クエルボと甥たち」が後にクエルボ・イ・ソブリノスのブランド名をもたらすことになります)1882年の春、一族はハバナでも一流のキンタ通りに「La Casa」という店をオープンします。


文学、科学、映画、政治といった舞台で活躍する国際的な大物たちはハバナを訪れる際にはかならず店に集まるのが常でした。旧店舗の地下室で見つかり、つい数年前、初で明らかになった顧客名簿や写真でも明らかなように、ヘミングウェイ、カールソー、ゲーブル、チャーチル、アインシュタインまでもがクエルボ・イ・ソブリノスの熱心な顧客としてその名を連ねていました。彼らは職業や興味こそ大きく違っていましたが、だれもがはばかることなく個人であることを口にし、昔、逃避、優雅、洗練と同義語だった、ハバナの時代をこよなく愛していました。



ブランド - 「別の時代」の遺産


半世紀もしないうちに、このブランドの腕時計の品質とラテン精神の融合がアメリカ大陸の人々の心をとらえていきます。いくつかの一流腕時計ブランド(ロレックス、パテック・フィリップ、ロンジン)は自社のブランド名とクエルボ・イ・ソブリノスの名前を合わせた、ハバナの時計を共同生産していきます。クエルボの名はたちまち知られるようになり、1890年代にはヨーロッパの中枢に3つの店舗を構え、生産ネットワークの拡大に踏み切ります。ヨーロッパの高級品メーカーの大半がヨーロッパ以外の大陸へその活動を国際的に拡大していった時期に、クエルボ・イ・ソブリノスは敢えてその反対の道をいった最初のブランドのひとつです。クエルボは旧大陸でその地位を確固たるものとしていきます。ドイツのプフォルツハイムの店舗では金や高価な宝石など貴金属類を扱い、パリの中心地、メズレー通りの店舗では最高級ジュエリー、さらにスイスのラ・ショードフォンでは腕時計が製造されました。


特別な顧客にとって、ハバナの中心にある「La Casa」の店に寄ることはパリのバンドーム広場やニューヨークのフィフス・アベニューの宝石商を訪れるのと同じくらい大事なことでした。ソブリノスが全盛を誇った1940年代、その腕時計は高級品というだけではなく、ライフスタイルや考え方をも表現していました。50年以上もの間、世界の一流腕時計メーカーのひとつとして名をあげた後、本国キューバで起きた政治混乱の中でその活動を大幅に縮小していきます。クエルボ一族の一部はキューバを離れヨーロッパに亡命する者もいました。こうしてクエルボ・イ・ソブリノスは40年間休止状態に陥ります。



クエルボ・イ・ソブリノス - 新時代


1997年、オールドウォッチと腕時計製造の歴史を専門とするルカ・ムズメキ(Luca Musumeci)が最終的にこのブランドの権利を握ることになります。 彼はキューバの旧店舗の地下室に眠る3つの巨大なトランクの所有権も得ることになります。 そこで彼は腕時計の完全なムーブメントやスケッチやデザインといったこれまで公にならなかった資料など素晴らしい遺産を発見します。世界的に有名なコレクターの協力もあって、ハバナのクエルボ・イ・ソブリノスの店で腕のいい時計職人が作ったオールドウォッチも彼の手に渡ります。彼はこの秘宝や腕時計を公開するという思いに押されて、そして別の時代という逃避、洗練、魅惑の精神を再生する夢を抱くようになります。


2001年、ムズメキは高級腕時計の販売を専門に手がけるマルツィオ・ヴィラと出会います。ふたりは40年間冬眠状態にあったブランドを共に再スタートすることにします。ラテン精神を守りながら、新しい主要な施設はスイスのルガーノに作られました。製造はスイスのJurassic archにある有名な時計製造会社に任せました。2002年、クエルボ・イ・ソブリノスブランドは正式にヨーロッパ(重点市場はイタリアとスペイン)で再スタートを切ります。1周年を迎えた2003年には、年に一度それぞれの分野で国際的に業績をあげたラテン系の有名人に敬意を表する賞「ラティーノ・インテルナショナル」を創設し、ブランド名とラテン文化の結びつきを強めていきます。最初の受賞者はスペイン人の映画制作者ペドロ・アルモドバルでした。2004年には俳優のアンディ・ガルシアがその栄誉を得ます。同時期、ブランドはスイスの2003年:バーゼルフェアで最初の完全コレクションを発表し、世界市場での販売をスタートさせます。(まずアメリカ、ロシア、ドイツ)2005年、新しい挑戦は新しく開発されたオリジナルのキャリバー、CYS 2450と共に始まりました。クエルボ・イ・ソブリノスは完全オリジナル製品のひとつとして同軸ワンボタン式のクロノモデル、Esplendidosを製造します。これはクエルボ・イ・ソブリノスとスイスの有名腕時計製造会社のコラボレートによるプロジェクトでした。今年、守り続けてきた創造的精神を腕時計のデザインと技術に生かして、ブランドは強い独自性と高水準のテクノロジーを併せ持つ製品を発表します。中でもその特徴を強く打ち出しているのは2006バーゼルフェアで発表されたEspledidos Grande Date Dualtime モデルです。



<歴史年表>


1882年:時計と宝石の職人だったラモン・イ・クエルボが最初のアトリエ兼高級品店をハバナ中心地にある高級なアベニダ・キンタ通りにオープン。
アルマンド・リオ・クエルボを含む甥たちがこのファミリー企業のメンバーに加わる。


1890~1900年:クエルボ・イ・ソブリノスブランドが誕生。ヨーロッパの中枢に販売および生産拠点となる3つの店舗をオープン。
高級貴金属と宝石はフォルツハイム(ドイツ)、宝飾品類はパリ、腕時計はラ・ショードフォン(スイス)。


1900年~1950年:半世紀以上もの間、宝飾品類と腕時計を扱う「La Casa」は世界的な成功を収める。アーネスト・ヘミングウェイ、ウィストン・チャーチル、エンリコ・カールソー、ゲーリー・クーバー、クラーク・ゲーブル、アルベルト・アインシュタインら多くの著名人がたびたび「La Casa」を訪れては宝飾品や腕時計を購入。


1950年:クエルボ・イ・ソブリノスとして知られていたファミリー企業はキューバで起きた政治混乱の間その活動を大幅に縮小。クエルボ一族の一部はヨーロッパに亡命するためキューバを離れる。またブランドも40年以上休眠状態に陥る。


1997年:最終的にブランドの所有権がオールドウォッチと腕時計製造業の歴史の専門家だったルカ・ムズメキの手に渡る。


2001年:ルカ・ムズメキが高級腕時計の販売を専門にてがけるマルツィオ・ヴィラと出会い、ふたりは40年間冬眠状態にあったブランドを共に再スタートさせることに合意。


2002年:クエルボ・イ・ソブリノス・ハバナ有限会社をルガーノ(スイス)に創立。
クエルボ・イ・ソブリノス・ハバナ有限会社ブランドの正式なスタート。
イタリアとスペインで最初の販売を開始。


2003年:新企業、クエルボ・イ・ソブリノス・ハバナ有限会社の1周年記念に際し、「ラティーノ・インテルナショナル」賞を公式に創設。スペイン人の映画制作者ペドロ・アルモドバル氏がこの賞の最初の受賞者に選ばれる。この賞は年に一度各分野で国際的な偉業をなしとげたラテン系の有名人に敬意を表する賞で以降、毎年選出。

同年、クエルボ・イ・ソブリノス・ハバナ有限会社はスイスのバーゼルフェアに初めて参加し、「Prominente(プロミネンテ)」、「Esplendidos(エスプレンディドス)」、「Torpedo(トルピード)」の3つのシリーズからなる製品を発表。


2004年:アメリカ、南米、ロシア、ドイツを含む新市場を開拓し販売ネットワークを拡大。 クエルボ・イ・ソブリノス・ハバナ有限会社は2度目の「ラティーノ・インテルナショナル」賞を授与。この年の受賞者はキューバ人俳優のアンディ・ガルシア氏。


2005年:クエルボ・イ・ソブリノス専用に開発された初めてのキャリバーCYS2450を発表。このクロノのムーブメントは199点限定の同軸ワンボタン式のEsplendidos(エスプレンディドス)モデルに搭載されている。毎月10点が製造される。

世界を舞台に活躍する男性のためのシリーズ「ロブスト」を発売。モデルは伝統的な時間、秒、日付を表示するバージョン、スポーティーなダイビングモデル、洗練されたモデルの3つ。
日本市場での販売を開始。


2006年:2006バーゼルフェアでEsplendidos Grande Date Dualtime とRobustoのムーンフェーズモデルを発表。


2007年:ブランド125周年を祝して記念モデルが多数発表されました。この年に発表されたモデルのローターには125周年記念のグレービングがなされました。また、トゥールビヨン、パーペチャルカレンダー搭載モデルも発表され、メカニカルな時計の開発にも意欲的であるブランドの姿勢をあらわしました。


2008年:バーゼルフェアにてメイン館の0フロア(1階)にブース出展が決定。
ハバナカラーが美しい3階建ての新たなブースを構える。
ブランドのルーツを象徴したユニークなモデル「ピラータ(海賊)」他、多数新作を発表。


2009年:ブランド初のヴィンテージムーブメントを搭載したモデルなど新作を数多く発表。
7月にはブランド初となるフラッグシップショップ & ミュージアム をハバナにオープン。
10月にはスイスのルガーノにある湖のほとりに新社屋 「La Casa」 がオープン。
同社屋内にブランド初の工房もオープン予定。

2010年:ヨットレースをスポンサードし、ブセアドールシリーズにてレース記念限定モデルを発表。車に関連したモデルが多いCYSならではの企画としてCYSカーを限定10台生産。


2011年:数多くの時計の新作をバーゼルで発表すると共にブランド初のジュエリーコレクションを発表。


2013年:ブランド名を冠した初のカーレース「クエルボ・イ・ソブリノス カップ」を開催。


2017年:ブランド創業135周年を迎え、記念限定モデルを発表。


2018年:駐日キューバ大使館にてイベントを開催。イベント記念限定モデル「トコロロ」を発表。


INFORMATION

クエルボ・イ・ソブリノス(CUERVO Y SOBRINOS)についてのお問合せは・・・

株式会社ムラキ
103-0027 東京都中央区日本橋3-9-10
TEL: 03-3273-0321

クエルボ・イ・ソブリノスのオフィシャルサービスはこちら facebookfacebook instagraminstagram twittertwitter youtubeyoutube