お知らせ

「ジョン・ウィック」ジャパンプレミアにキアヌ・リーブス登場! キアヌ演ずる元殺し屋ジョン・ウィックがマネロウォッチを着用。

「ジョン・ウィック」ジャパンプレミアにキアヌ・リーブス登場! キアヌ演ずる元殺し屋ジョン・ウィックがマネロウォッチを着用。


  2015年9月30日(水)、キアヌ・リーブスを迎えて、「ジョン・ウィック」ジャパンプレミアイベントが行われ、招待された大勢のファン、メディアが有明に駆けつけ、大いに盛り上がりました。そして、カール F. ブヘラは今回このプレミアイベントを協賛し、時計展示などでさらにジョン・ウィックの魅力を伝えました。



2015年10月16日(金)全国公開の映画「ジョン・ウィック」。


  カール F. ブヘラ・ブランドフレンズのチャド・スタエルスキ監督、デヴィッド・リーチ製作の話題作ですが、この映画に主演のキアヌ・リーブスが「マネロ オートデイト」を着用しています。


  この全国公開を前に9月30日(水)ディファ有明で行われたジャパンプレミアには、主演のキアヌ・リーブスが登場。大勢のファンを前に映画の魅力を自ら伝えてくれました。ブヘラジャパンは劇中、キアヌ・リーブスやウィレム・デフォーがカール F. ブヘラウォッチを着用していることからこのプレミアイベントを協賛しました。

伝説のジョン・ウィックがレッドカーペットに登場


  黒のスーツに身を包んだキアヌ・リーブスは、まるで映画の役柄そのままの雰囲気でレッドカーペットに登場しました。約300名のファンを前にマスラングで颯爽と現れ、サインや握手などファンサービスに笑顔で応じたキアヌは、そのまま、試写会場内のカール F. ブヘラエリアに立ち止り、実際に本作撮影中に使用された「マネロ オートデイト」の横でフォトセッション。その後、舞台挨拶では、映画の撮影秘話などを交え、映画の魅力をたっぷりと伝えてくれました。


  会場にディスプレイされたマネロウォッチは、たくさんのキズがその激しいアクションシーンを想像させます。会場のファンの方たちもこのリアルな時計の周りに多く集まっていました。

「ジョン・ウィック」ジャパンプレミアにキアヌ・リーブス登場! キアヌ演ずる元殺し屋ジョン・ウィックがマネロウォッチを着用。

ジョン・ウィックが身に着ける伝統


  伝統的な機能とデザインが特徴のカール F. ブヘラ、「マネロ」シリーズ。その中でも究極のクラシックウォッチが「マネロ オートデイト」です。時間と日付表示のみのダイアルは、無駄をそぎ落としたシンプルさを追求しています。まさに、腕時計のスタンダードと言える伝統的なデザインです。


  ジョン・ウィックが着用したマネロ オートデイトは、ケース径38mmと手首にスマートに収まる絶妙のサイズ感です。ダイアルもマット仕上げと光沢のあるシルバーカラーの組合せで変化を見せます。持ち主を納得させるディテールのこだわりはエンドユーザーをよく知ったブヘラならではの価値です。


  クールな表情の中に燃えるような感情を秘め、迷うことのない行動力を持ったジョン・ウィックと、やはりシンプルなダイアルの中に確実で信頼のおけるムーブメントを持つマネロ オートデイトは、多くの共通点があるのではないでしょうか。決して派手なアピールはしませんが、自分のやるべきことを淡々と確実にこなす、まさにその姿です。



ジョン・ウィック着用
マネロ オートデイト

Ref.: 00.10908.08.13.01
ケース径:38mm
ケース厚:8.75mm
ケース素材: ステンレススティール
防水性:30m(3気圧)
ストラップ:アリゲーター、ピンバックル
ムーブメント: 自動巻、cal. CFB 1965、21石、42時間パワーリザーブ
仕様: 日付、時、分、秒、片面無反射コーティングサファイヤクリスタル、サファイヤクリスタルケースバック、シルバーカラーダイアル
価格:340,000円(税抜)

「ジョン・ウィック」ジャパンプレミアにキアヌ・リーブス登場! キアヌ演ずる元殺し屋ジョン・ウィックがマネロウォッチを着用。



※2015年10月時点での情報です。掲載当時の情報のため、変更されている可能性がございます。ご了承ください。


【カール F.ブヘラのお問合せは】
スイスプライムブランズ株式会社/カール F. ブヘラ事業部
〒104-0045 東京都中央区築地2-15-19
Tel: 03-6226-4650
Mail: japan@swissprimebrands.com
https://www.facebook.com/carlfbucherer

お知らせ一覧はこちら

OFFICIAL SERVICE