メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. セイコー(SEIKO)
  4. ブランドニュース一覧
  5. 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube
  • LINE

SEIKO | セイコー 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」

SEIKO(セイコー) 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」

 2022年の新作としてセイコーより、1961年に誕生し当時の国産高級時計市場を牽引、2022年2月に復活した<キングセイコー>から、“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディション「“KSK”復刻デザイン限定モデル」、「セイコーブティック スペシャルエディション」の2機種が7月8日(金)より発売されます。

「“KSK”復刻デザイン限定モデル」は、全国のセイコーウオッチサロンにて世界限定 1,700本で発売されます。亀戸天神の藤波にインスパイアを受けたスペシャルエディションモデルは、全世界のセイコーブティックにて発売されます。

SEIKO(セイコー) 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」

1965年発売の2代目キングセイコー“KSK”

 キングセイコー誕生から 4年後の 1965年、“KSK”と呼ばれる 2代目キングセイコーが誕生しました。1961年に発売された初代モデルにはなかった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的な進化が高く評価されました。無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルです。


オリジナルを忠実に再現しつつ、エレガントな装いを加味した限定だけの特別仕様

「“KSK”復刻デザイン限定モデル」は、“KSK”のデザイン特徴をディテールまで忠実に再現しながら、オリジナルのステンレススチールモデルにはないエレガントなデザインを加えた限定モデルです。ダイヤルにはシャンパンシルバーを用い、多面カットが施されたインデックスとシャープな形状の針にはイエローゴールドカラーを採用して華やかさを演出する一方、オリジナルモデル同様、歪みのない鏡面仕上げが施されたケースは、エッジが際立つシャープな形状が特徴的です。当時のアクリルガラスのシルエットを、より広い見切りで再現すべく開発されたボックス型サファイアガラスには内面無反射コーティングを施すことで、どの角度から見ても高い視認性を実現しています。

 裏ぶたには、キングセイコーの「盾」をモチーフとしたブランドマークがあしらわれたイエローゴールドカラーのメダリオンが施されています。また、りゅうずの繊細なセイコーロゴと防水仕様の証であった「W」のマーク、美錠のセイコーロゴなど、随所に “KSK”の意匠を再現しています。

 “KSK”のオリジナルモデルに搭載されたムーブメントは手巻式でしたが、本作ではセイコーの現行機種において最も薄い自動巻キャリバー 6L35を採用することで、オリジナルモデルに対しわずか 0.5mmの差に抑えた 11.4mmという装着感に優れるスリムなフォルムを実現しました。

SEIKO(セイコー) 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」

亀戸天神社の藤波を表現したスペシャルエディション

 キングセイコーは、東京・亀戸に存在したセイコーの機械式時計工場で誕生しました。当時の工場の近くに佇む、1662年創建の亀戸天神社は、春になると見事な藤の花が咲き誇り、その藤棚は江戸時代の浮世絵にも描き残され、今も多くの人々に親しまれています。本作は、藤の美しさを表現した柔らかな紫色のダイヤルに放射仕上げを施し、繊細なグラデーションを加える事で、亀戸天神社の藤波 (風で波のように揺れ動く藤の花)を表現しています。

 1965年に発売された 2代目キングセイコー “KSK”のデザインを受け継ぐ本モデルは、鋭い輝きを放つ多面カットを施した立体的なインデックスと、堂々とした太く長い針により、優れた視認性を実現しています。12時位置のインデックスは、“KSK”から受け継いだユニークな形状で、天面に施されたライターカットのきらめきが、その個性を際立たせています。内面無反射コーティングが施されたクラシックなボックス型形状のサファイアガラスにより、高い視認性を確保。1960年代のキングセイコーをオマージュしたフラットな多列ブレスレットは、鏡面とヘアラインに仕上げ分けされた多面構成の形状により、快適な装着感を生み出します。 また、本作に搭載するキャリバー「6R31」は、カレンダー機能を省く事でオリジナルの “KSK”と同様、ダイヤルの端正な美しさを際立たせます。その一方、コンパクトな自動巻き機構と約 70時間のロングパワーリザーブ性能を持ち、現代のライフスタイルにふさわしい性能を有しています。

 ダイヤルと響き合うパープルカラーのステッチを施したライトグレーのカーフ製ストラップが付属します。

<キングセイコー> “KSK”復刻デザイン 限定モデル

Ref.:SDKA003
ケース径:38.1mm(りゅうず含まず)
ケース厚:11.4mm
ケース素材:ステンレススチール(ダイヤシールド)
ストラップ:クロコダイル
防水性:日常生活用強化防水(5気圧)
ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6L35、約45時間パワーリザーブ、26石、毎時28,800振動、日差 +15秒~-10秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
仕様:時・分・秒・日付表示
限定:世界限定1,700本(うち国内700本)
価格:385,000円(税込)
発売予定:2022年7月8日(金)

SEIKO(セイコー) 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」

<キングセイコー> セイコーブティック スペシャルエディション

Ref.:SDKS011
ケース径:37.0mm(りゅうず含まず)
ケース厚:12.1mm
ケース素材:ステンレススチール
ストラップ:ステンレススチール
防水性:日常生活用強化防水(10気圧)
ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6R31、約70時間パワーリザーブ、24石、毎時21,600振動、日差 +25秒~-15秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
仕様:時・分・秒表示
価格:214,500円(税込)
発売予定:2022年7月8日(金)

SEIKO(セイコー) 2022新作 復活した「キングセイコー」の“The Newest Classic”を体現する限定モデルとスペシャルエディションが登場。「“KSK”復刻デザイン限定モデル」「セイコーブティック スペシャルエディション」


※2022年6月時点での情報です。掲載当時の情報のため、変更されている可能性がございます。ご了承ください。

BRAND NEWSセイコー ブランドニュース

セイコーのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS セイコー コンテンツ一覧

INFORMATION

セイコー(SEIKO)についてのお問合せは・・・

セイコーウオッチ株式会社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1
TEL: 0120-061-012


セイコー ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る