メインコンテンツに移動

日本輸入時計協会 2018インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー決定

日本輸入時計協会 2018インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー決定

 一般社団法人 日本時計輸入協会が、ウオッチコーディネーター資格取得者(略称:CWC、2018年11月現在2136名、上級CWC含む)から、この一年以内に市場投入された輸入腕時計の中から「お客様に一番推薦したいモデルは?」(本年度はモデル単位ではなく、シリーズ・コレクション単位)というシンプルな基準で投票を受付け、メンズとレディスのグランプリを決定しました。


 投票の結果、メンズはロレックス・GMTマスターII、レディスはカルティエ・パンテールが最多票を獲得し、それぞれグランプリに選ばれました。


 メンズのロレックス・GMTマスターIIには、『新しいムーブメント、さらに高められた堅牢性、アイコン的なデザインはお客様へ自信を持って推薦できる』『セラミックベゼルの採用で光沢感が増し、ひときわ目を引くカッコいいデザイン』など、レディスのカルティエ・パンテールには、『女性らしいデザイン、宝飾の装飾性、ブランド力、全てでお客様に推薦できる』『最も日本人女性にフィットする時計であり、長期使用に応えられる不変性を持つ』といった理由が寄せられており、腕時計とお客様のニーズを熟知しているウオッチコーディネーターならではの推薦内容となっております。

 また、同時にこの1年で「一番輝いているブランド」についても投票を受け付けました。ウオッチコーディネーターの目から見て、商品はもとより、情報発信、流通政策など多面的な視点で、時計業界に活力をもたらしているブランドに投票してもらいました。


 その結果、今年新設した「一番輝いているブランド賞」にはオメガが選ばれました。

日本輸入時計協会 2018インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー決定

 投票理由としては、『1848年から続く長い歴史を持ったブランドでありながら、マスタークロノメータームーブメントやセラミック技術など時代に合わせて進化している』『2020年の東京2020のオフィシャルタイムキーパーで、記念モデルも期待が大きい』『スピードマスター、シーマスターをはじめ、憧れブランドの筆頭』などのコメントが寄せられました。


 日本時計輸入協会では、今後も毎年インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤーを開催し、時計販売のプロフェッショナルであるウオッチコーディネーターがお客様へ推薦する輸入時計という形で情報を発信していく予定です。


「日本時計輸入協会」についてのお問合せ
日本時計輸入協会事務局
TEL:03-3270-5901

日本輸入時計協会 2018インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー決定

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る