メインコンテンツに移動

ロンジン LONGINES

CONCEPT

ロンジンの創業は1832年、スイス・サンティミエで時計部品の流通業社で働いていたオーギュスト・アガシによる。彼が興した「レギュル・ジュンヌ・アガシ商会」を甥であるアーネスト・フランシロンが1862年に完全に引き継いだが、その事業はほぼ家内工業だった生産体制からの脱却、つまり時計メーカーとして初めて自社一貫生産の体制を確立した。そしてその自社工場が建設されたのが、サンティミエ郊外の<Les Longines(「長く狭い平野」を意味する)>と呼ばれる2箇所の土地。現在の商標でもある「Winged Hourglass(有翼の砂時計)」のマークは1867年より使われるようになり、正真正銘のロンジン社の証として製品に刻印され始めた。1880年には懐中時計の文字盤にPatent Longinesという文字が刻まれ、「Longines」をブランド名に、1889年には「Winged Hourglass」のマークを商標としてスイス連邦政府に登録する。同時にロンジンはアントワープやジェノバ等で催された万国博覧会でグランプリや金賞を次々と獲得し、技術と共にその優れたデザイン性でも世界に広く認知されるに至ったのである。
1927年にはリンドバーグの単独・大西洋無着陸横断飛行の偉業をロンジンがサポートし、その後のアムンゼンの北極海探検と南極点到達もロンジンの時計が支えた。そして1912年のスイス国体、1926年のジュネーブでの国際馬術競技会など公式時計に採用された。スポーツから探検と様々なフィールドでクロノグラフを中心に航空時計など特殊機能を備えた時計の開発で、時計業界のトップランナーとして、開発力と技術で時計業界をリードする時計ブランドとして世界的規模のマニュファクチュールとなったのである。
その後世界的に激動の時代であった1940年代を生き延び、以前からレディースウォッチやドレスウォッチでも高い評価を得ていたロンジンは、1950年代には「機能性と美しさ」を極めた時計ブランドとしてその伝統と技術で新しい時代に普遍のエレガンスを時計で表現したのである。
1990年代以降は古き良き時代の1920年代、1930年代のエレガンスを呼び起こすかのように、名作の復刻や当時のテイストをそのまま現代に蘇らせたモデルの発表で注目を浴びている。2003年発売のトノーケース「ロンジン エヴィデンツァ」コレクション、2005年の「ロンジン マスターコレクション」、2006年には「リンドバーグ アワーアングルウォッチ」や「ロンジン スピリット」などでさらにロンジン独自の「エレガンス」が深められていったが、創業175年を迎えた2007年にはスポーツウォッチが三部作として「ハイドロ コンクェスト」、「グランヴィテス」、「レジェンドダイバー」が登場し、そのコレクションの幅の広さをみせつけたのである。

    BRAND NEWSロンジン ブランドニュース

    ロンジンのBRAND NEWSをもっと見る

    SHOP LISTロンジン 正規販売店リスト

    MODEL Catalogロンジン モデルカタログ

    1832年、スイス・ジュラ地方のサンティミエでオーギュスト・アガシにより設立されたロンジン(LONGINES)のモデルをご紹介。

    ロンジンのモデルをもっと見る

    CONTENTSロンジン コンテンツ一覧

    ロンジンのコンテンツをもっと見る

    RECOMMEND ITEMロンジン 各店おすすめモデル

    ロンジンの各店おすすめモデルをもっと見る

    SHOP NEWSロンジン ショップニュース

    ロンジンのSHOP NEWSをもっと見る

    INFORMATION

    ロンジン(LONGINES)についてのお問合せは・・・

    スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ロンジン事業本部
    〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18
    TEL: 03-6254-7377


    ロンジン ブランドページを見る

    NEW RELEASE

    新着情報をもっと見る