メインコンテンツに移動

ジャケ・ドロー JAQUET DROZ

CONCEPT

1721年、スイスに生まれたピエール-ジャケ・ドローが1738年にラ・ショー・ド・フォンに時計工房を開業したのが始まりだが、彼を世界的に有名にしたのは時計の製作だけでなくオートマタ(機械式からくり)であった。時計の分野においても既成概念にとらわれずに「シンギングバード」、「噴水」、「ミュージックウォッチ」などの作品を製作。その<仕掛け>の技術においては圧倒的なオリジナリティを誇り、オートマタはフランス・パリで国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットをはじめとしたヨーロッパ中の宮廷で絶賛を受けた。まるで生きている人間が楽器を演奏したり、絵を描いたり、文字を書いたりするかに見える「音楽家」、「画家」、「文筆家」のオートマタはヨーロッパ中を巡回、そして彼の製作した作品の数々は中国・北京の紫禁城やアジアまでも輸出されていた。そしてラ・ショー・ド・フォンに続いてロンドン(1774年)、ジュネーブ(1784年)と工房を開設し、時計やオートマタに関して人材育成と技術躍進にも余念のない創作活動を行った。また、当時のビジネスや貿易の大きな拠点であったこの3都市に工房を開設することはブランドの発展を大いに助け、ヨーロッパ中の王侯貴族に愛されるほどに成長した。現在、ジャケ・ドローはこの偉大な天才時計師と、数々の名作を生み出したそれぞれ3つの工房、そしてかれが活躍した都市に敬意を表し、コレクションを「レジェンド・ジュネーブ」、「アーバン・ロンドン」、「マジェスティック・ベイジン」、「コンプリケーション・ラ・ショー・ド・フォン」、「エレガンス・パリ」という5つのシリーズに分けているほど、そのオリジンを大切にしている。
ブランドそのものはピエール-ジャケ・ドローの死後19世紀半ばに一度休眠したが、スウォッチ グループの復興プロジェクトによって1990年代、この天才時計師の名を冠したブランドとして見事現代に蘇り、創業からおよそ3世紀に渡り完全なまでにブランドの真髄が受け継がれています。現代のジャケ・ドローのタイムピースは、高温焼成のエナメルを施した美しい文字盤や手作業でブルーイングされたブルースチール針、そしてサンレイ装飾が施された22金の回転ローターなど、一見クラシカルではあるが、オフセンターのダイヤルやブラックエナメルの深みに、絶妙なモダニズムと現代的なエッセンスが秘められている。

    BRAND NEWSジャケ・ドロー ブランドニュース

    ジャケ・ドローのBRAND NEWSをもっと見る

    SHOP LISTジャケ・ドロー 正規販売店リスト

    MODEL Catalogジャケ・ドロー モデルカタログ

    1738年、ピエール・ジャケ・ドローがスイス、ラ・ショード・フォンに設立したジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)のモデルをご紹介。

    ジャケ・ドローのモデルをもっと見る

    CONTENTSジャケ・ドロー コンテンツ一覧

    ジャケ・ドローのコンテンツをもっと見る

    RECOMMEND ITEMジャケ・ドロー 各店おすすめモデル

    ジャケ・ドローの各店おすすめモデルをもっと見る

    SHOP NEWSジャケ・ドロー ショップニュース

    ジャケ・ドローのSHOP NEWSをもっと見る

    INFORMATION

    ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)についてのお問合せは・・・

    スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ジャケ・ドロー ブティック銀座
    〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18
    TEL: 03-6254-7288


    ジャケ・ドロー ブランドページを見る

    NEW RELEASE

    新着情報をもっと見る