メインコンテンツに移動

HYT | エイチ・ワイ・ティ 2020新作 時の移り変わりをさまざまな角度から眺められる、HYT「H0 ブラックフルーイド」

HYT(エイチ・ワイ・ティ) 2020新作 時の移り変わりをさまざまな角度から眺められる、HYT「H0 ブラックフルーイド」

 2020年の新作としてHYTよりオールブラックの「H0 ブラックフルーイド」が登場しました。モノクロの力を利用し、気をそらされることなく流体による時間を眺められるようになっています。


タイミングよく。体験を重視して。確信を強めながら。

 もし人生が写真判定の連続にすぎないとしたら、ストップウォッチがあれば十分でしょう。しかし実際には、人生とは、過ぎ去った事柄の余韻と、来たるべき事柄の潜在可能性によって染めあげられた、個々の体験からなる流れです。HYT の最新のH0タイムピースは、自分なりの時間の感じ取り方について、深く考えるようにといざないます。謎に満ちたブラックのキャンバスは、体験の流れを視覚化し、これに敬意を払うためのものです。本物であることを証明するサインには、この時計を着用する人の人生が詰まっています。

HYT(エイチ・ワイ・ティ) 2020新作 時の移り変わりをさまざまな角度から眺められる、HYT「H0 ブラックフルーイド」

 このH0ファミリーに新たに加わったモデルでは、モノクロの力を利用し、気をそらされることなく流体による時間を眺められるようになっています。HYTは時計の慣例に挑戦します。慣例では、人為的に昼と夜に重要性が与えられていますが、そうではなく6時位置に焦点を当てることで、着用者は一日のターニングポイントとなりうるものを見つめ直すように促されます。同時に、光と闇に個人的に与えていた重要性についても考え直すきっかけとなります。太陽の輪郭さながらのキャピラリー下のオレンジのスーパールミノバ®は、時の流れを見える形にします。そのたえまない動きは、一人一人の人生のストーリーです。節目となる出来事は、非常に制約の多い状況においても、人間の手に委ねられているのです。

HYT(エイチ・ワイ・ティ) 2020新作 時の移り変わりをさまざまな角度から眺められる、HYT「H0 ブラックフルーイド」

 オールブラックのH0の鍵となるのは、純粋性です。これはデザイン的にはドーム型のサファイアガラスによって表現されており、時の移り変わりをさまざまな角度から瞬時に眺められるようになっています。こうした時計の使命は、スモーキーグレーのガラスの下に隔離されたベローズと響きあっていますが、これは気をそらすためではなく、注意を惹きつけるためです。全体的なモノクロに対する視覚的アクセントは、ベゼルの数字と針のスーパールミノバ®のタッチや、ダイヤルの極細マーカーなど、小さな細部にいたるまで考え抜かれています。時は、たえまなく動いています。このタイムピースは、人生という名のエネルギーの流れを邪魔することは一切拒みます。

H0 Black Fluid
H0 ブラックフルーイド

Ref.:H02387
ケース径:48.8mm
ケース厚:18.7mm
ケース素材:サテン仕上げブラック DLC ステンレススティール
ストラップ:ラバー、ブラック DLC チタン製フォールディング バックル
防水性:30m
ムーブメント:手巻(特殊キャリバー)、65時間パワーリザーブ、毎時28,800振動(4Hz)、41石
仕様:分・秒表示、パワーリザーブ表示、ブラック流体時間表示、HYT 独自の特許取得済みマイクロ流体モジュール、カムフォロワーシステムで回転運動を直線運動に変換して、ムーブメントと流体モジュールの間で動力を伝達、トライデントにより確保された流体系の静水圧接続、ブラック DLC ステンレススティール製リューズ、ドーム型サファイアガラス、ねじ込み式サファイアガラス ケースバック
価格:6,190,000円(税抜)
発売予定:2020年5月末

HYT(エイチ・ワイ・ティ) 2020新作 時の移り変わりをさまざまな角度から眺められる、HYT「H0 ブラックフルーイド」

BRAND NEWSエイチ・ワイ・ティ ブランドニュース

エイチ・ワイ・ティのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS エイチ・ワイ・ティ コンテンツ一覧

INFORMATION

エイチ・ワイ・ティ(HYT)についてのお問合せは・・・

オールージュ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-1オランダヒルズ森タワーRoP 807
TEL: 03-6452-8802

エイチ・ワイ・ティのオフィシャルサービスはこちら instagram instagram facebook facebook

エイチ・ワイ・ティ ブランドページを見る

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る