メインコンテンツに移動

FAVRE-LEUBA | ファーブル・ルーバ 「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~登頂成功~

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ) 「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~登頂成功~

 ファーブル・ルーバがサポートする「日本の会社員のエベレスト登頂プロジェクト」である「セブンサミッツプロジェクト最終章・エベレスト」。


 2018年4月2日に日本を発ったセブンサミッツプロジェクト・エベレスト隊は、同年5月17日(木)午前6時15分頃(現地時間)に全員が無事エベレストの山頂(標高8,848m)に到着しました。主役である3人の日本人をサポートしたのはファーブル・ルーバの腕時計、「レイダー・ビバーク 9000(世界初高度9,000mを測定できる機械式腕時計)」および、「レイダー・ディープブルー」でした。本ニュースでは、歓喜の瞬間をお送りさせていただきます。




セブンサミッツプロジェクト特設サイト:http://www.dac-group.co.jp/7dac/

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ) 「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~登頂成功~

■帰国後、所属会社の社員を前にしたときの主役3人のコメント(写真右上から順に)

前山敏行氏(59歳)/長野県出身 DACホールディングス常務取締役
(ファーブル・ルーバ「レイダー・ビバーク 9000」を着用)
「エベレストは人をひきつけない山で、精神的にも肉体的にも大変で死を感じることもありました。登れてよかったととともに、皆様の顔をまた見られて嬉しいです」


上山弘平氏(36歳)/東京都出身 デイリースポーツ案内広告社経理部部長代理
(ファーブル・ルーバ「レイダー・ディープブルー」を着用)
「世界一に登ったことよりも、支えてもらったことに感謝しています。これからの経験に今回の経験を活かせればと思います」


伊藤孝浩氏(26歳)/北海道出身 デイリー・インフォメーション北海道営業部主任
(ファーブル・ルーバ「レイダー・ディープブルー」を着用)
「シェルパ隊長不良でリタイアし、自分の酸素ボンベを自分で背負わなければならないなどのトラブルもありましたが、旅立ちの時、空港で社員の人に見送ってもらったことを思い出し、がんばりました」


過去のニュースはこちら
>>>「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ
>>>「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~ベースキャンプ到着~
>>>「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~登頂成功 速報~

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ) 「レイダー・ビバーク 9000」、日本からエベレストへ ~登頂成功~

BRAND NEWSファーブル・ルーバ ブランドニュース

ファーブル・ルーバのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS ファーブル・ルーバ コンテンツ一覧

INFORMATION

ファーブル・ルーバ(FAVRE-LEUBA)についてのお問合せは・・・

Favre-Leuba JAPAN
104-0061 東京都中央区銀座1-16-7
TEL: 03-4360-8669

ファーブル・ルーバのSNSはこちら