WPHH 2017 FRANCK MULLER New Model | 2017年 フランク ミュラー新作情報

ブランド創設25周年を迎えた時を哲学する “時間作家” フランク ミュラー
フランク ミュラー(FRANCK MULLER)

 シャトウと呼ばれるジュネーブ郊外の工房兼オフィスから、2017年は新たな施設に開場を移して開催されたWPHH。そこでフランク ミュラー(FRANCK MULLER)は、他の展示会を圧倒するスケールとボリュームで2017年の新作を発表した。


 注目ポイントは、フランク ミュラーの次世代を担う旗艦コレクションである「ヴァンガード(VANGUARD)」のさらなる充実。そして、ブランド創設25周年を祝福する特別限定モデルである。


「ヴァンガード」には、7日間のロング・パワーリザーブを誇る「ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン(VANGUARD 7DAYS POWER RESERVE SKELETON)」や、フランク ミュラーでは珍しい薄型ケース採用の「ヴァンガード スリム(VANGUARD SLIM)」が登場。



 日本限定の人気シリーズ「ライジング サン(RISING SUN)」の新作「ヴァンガード ライジング サン(VANGUARD RISING SUN)」も発表された。


 また、ブランド創設25周年を記念し、ケースにフランク ミュラー独特のビザン数字をあしらった「トノウ カーベックス 25周年 アニバーサリー(CINTRÉE CURVEX 25th Anniversary)」を発表。


 同時に日本の名門磁器メーカー大倉陶園とのコラボレーションによるティーセットも発表された(6人揃 3,240,000円・税込 25セット限定)。


  “時計の個人作家” としてスタートしたフランク ミュラーだが、ブランド創設から25年を経た今、時計だけでなく、ジュエリーやカトラリーなど多彩なアイテムをプロデュースすることで、時計作家から、時を哲学する “時間” 作家へと変貌を遂げたのである。



取材・文:名畑政治 Report&Text:Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎(製品)、江藤義典(ブース) Photos:Ryotaro Horiuchi、Yoshinori Eto
※表記は2017年5月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



フランク ミュラー(FRANCK MULLER) についてのお問合せは……
フランク ミュラー ウォッチランド東京
東京都中央区銀座5-11-14
TEL:03-3549-1949
>>フランク ミュラー(FRANCK MULLER) 公式サイトはこちら
>>フランク ミュラー(FRANCK MULLER) のGressive掲載ショップはこちら
※上記商品を取り扱っていない店舗もございます。


FRANCK MULLER Contents List | フランク ミュラー コンテンツリスト

FRANCK MULLER MENU | フランク ミュラー メニュー

”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。