SIHH2017 PARMIGIANI FLEURIER New Model | 2017年 パルミジャーニ・フルリエ新作情報

原点を見つめながら未来を意識する
パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)

 2016年にブランド設立から20周年を迎えたパルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)。ブランドのアニバーサリーを祝ったのは、自社製ムーブメントを使った一体型クロノグラフだったが、2017年の今年は “原点回帰” をキーワードに、21年前の第1作モデルを継承する三針モデル「トリック クロノメーター(TORIC CHRONOMETER)」を発表した。


 さらにブースにはミシェル・パルミジャーニ氏監修の下、パルミジャーニ・フルリエが修復した、ロマノフ王家の名宝「ファベルジェのイースターエッグ」が展示されていたのも刮目すべきことだ。そもそもパルミジャーニ・フルリエという時計ブランドは、サンド・ファミリー財団が所有していた貴重なアンティーク・ウォッチを修復するための工房が元となっている。希少なタイムピースを展示するのも、一種の原点回帰といえるだろう。


 しかし2017年のパルミジャーニ・フルリエはこれだけでは終わらない。なんと価格面でも競争力を付けたのだ。


 もちろん単に買いやすいモデルを増やすというのでは、これまでの顧客への裏切り行為にもなりかねない。そこでパルミジャーニ・フルリエでは、コストダウンのポイントを明確にした。人気のドレスウォッチ「トンダ 1950(TONDA 1950)」は、外見上のデザインはそのままだが、ケースをステンレススチールにした他、自動巻きローターをタングステン素材に変更している。こうすることで品質に影響させることなく、コストを軽減させているのだ。100万円台で購入できるモデルが誕生すれば、もっと多くの人が手にするチャンスが広がる。ブランドの知名度を高める上では、かなりメリットは大きいだろう。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:江藤義典 / Photos:Yoshinori Eto
※表記は2017年8月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER) についてのお問合せは……
パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-15 G-FRONT 青山 10F
Tel.03-5413-5745
>>パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER) 公式サイトはこちら
>>パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)のGressive掲載ショップはこちら
※上記商品を取り扱っていない店舗もございます。


PARMIGIANI FLEURIER Contents List | パルミジャーニ・フルリエ コンテンツリスト

PARMIGIANI FLEURIER MENU | パルミジャーニ・フルリエ メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。