BASEL WORLD2017 LONGINES New Model | 2017年 ロンジン新作情報

高精度クォーツからノスタルジックな復刻モデルまで 歴史と技術に彩られた充実の新作コレクション
ロンジン(LONGINES)

 スイスの名門ロンジン(LONGINES)は、2017年3月のバーゼルワールド直前、新しい高精度クォーツ・ウォッチのコレクション「コンクエスト V.H.P.(CONQUEST V.H.P.)」をスイスのニューシャテル天文台で発表した。


 1954年、ロンジンは同社初のクォーツ時計を開発。この時計はニューシャテル天文台の精度維持期間の記録を次々と塗り替え、1969年には世界初の量産可能なクォーツ腕時計「ウルトラクォーツ」を発表。1984年には当時の精度記録を打ち立てたクォーツキャリバー搭載の「コンクエスト V.H.P.」が誕生した。


 この新作にはロンジン専用クォーツ・ムーブメントを搭載し、年差±5秒を実現。三針モデルとクロノグラフがあり、長寿命バッテリーと永久カレンダー機能を備えた実用性の高いモデルに仕上がっている。


 さらにシリコン製ひげぜんまいを採用したCOSC公認クロノメーターの新作「レコード(RECORD)」や、日本市場向け限定の「ハイドロコンクエスト ブラックアウト(HYDROCONQUEST BLACKOUT)」など、先進的な新作が発表された。


 一方、歴史に刻まれた傑作の復刻にも注力。1945年に製作されたスタイリッシュなモデルを再現した「ロンジン ヘリテージ1945(LONGINES HERITAGE 1945)」や、1957年誕生の傑作「フラッグシップ(FLAGSHIP)」の60周年を記念する「フラッグシップ ヘリテージ - 60周年モデル 1957-2017(FLAGSHIP HERITAGE 60TH ANNIVERSARY 1957-2017)」などが登場した。


 こうして2017年も幅広いジャンルに渡る多彩な新作で我々を魅了したロンジンだった。



取材・文:名畑政治 Report&Text:Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎 / Photos:Ryotaro Horiuchi
※表記は2017年9月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



ロンジン(LONGINES) についてのお問合せは……
スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ロンジン事業本部
〒104-8188 東京都中央区銀座 7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター
TEL: 03-6254-7351
>>ロンジン(LONGINES) 公式ページはこちら
>>ロンジン(LONGINES)のGressive掲載ショップはこちら


LONGINES Contents List | ロンジン コンテンツリスト

LONGINES MENU | ロンジン メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。