BASEL WORLD2017 CZAPEK New Model | 2017年 チャペック新作情報

謎多き19世紀の時計師名を冠するチャペック、デビュー2年目の躍進
チャペック(CZAPEK)

 2016年にバーゼル・デビューを果たし、同年10月には日本正規輸入を発表したチャペック(CZAPEK)。その名前は、19世紀、戦乱の旧ボヘミアから避難しジュネーブで活躍した時計職人フランソワ・チャペックに由来する。彼は、これもまた戦乱を回避して当地へ落ち着いたアントニ・パテック(旧名アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック)と、6年契約で共同会社「パテック・チャペック」社を設立。


 契約終了後チャペックは独立し、別の道を歩むがその後の記録はほとんど発見されていない。一方のパテックはジャン・アドリアン・フィリップと出会い新会社を設立。時計ファンならお分かりのとおり、この会社がパテック フィリップ社となる。この経緯から、フランソワ・チャペックはパテック フィリップの源流に当たる時計師とも言える。チャペックの記録は、パテック フィリップ・ミュージアムの展示懐中時計や僅かな著書などが残っているぐらいだ。


 チャペック復興の立役者、現チェアマンのハリー・グール氏とCEOザビエル・デ・ロックモーレル氏は、現存する1850年頃製造の懐中時計「No.3430」に着目。この腕時計版を復興の象徴とした。


 そのモデル「ケ・デ・ベルク(Quai des Bergues)」は原典に忠実に従い、7〜8時のスモールセコンドと4〜5時のダブルハンド(1本針)による曜日・パワーリザーブ表示等を再現。ケース径は42.5mm、ムーブメントは新設計の手巻きCal.SXH1、ケースもダイアル、針も新造品である。


 これが高い評価を得、本年は第2弾として38.5mmケース「ケ・デ・ベルク “エテルニテ” (Quai des Bergues ≪Eternite≫)」を発表。当世の潮流である小径ケースを巧みに取り入れ、これもまた高評判なことは、出展ブースの活況ぶりからも明白だ。


 鋭い批評精神を持つ世界の時計通が熱い視線を送るチャペック、これは目が離せない存在である。



取材・文:田中克幸 Report&Text:Katsuyuki Tanaka
写真:堀内僚太郎 Photo:Ryotaro Horiuchi
※表記は2017年6月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。


チャペック(CZAPEK) についてのお問合せは……
株式会社ノーブルスタイリング
〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京 1F
TEL: 03-6277-1604

>>チャペック(CZAPEK)のGressive掲載ショップはこちら


CZAPEK Contents List | チャペック コンテンツリスト

CZAPEK MENU | チャペック メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。