BASEL WORLD2017 CHRONOSWISS New Model | 2017年 クロノスイス新作情報

自社のロングライフ・コレクション「レギュレーター」に集中特化した新作群
クロノスイス(CHRONOSWISS)

 現代に出現したヴィンテージ時計。この魅力から目の肥えたコレクターの熱い支持を得てきたクロノスイス(CHRONOSWISS)。


 2012年発表の経営権の譲渡は、時計界を驚かせた出来事だった。しかし、新たな最高経営責任者であるオリバー・エブシュタイン氏の「クロノスイスの遺伝子を受け継ぐ」という姿勢に安堵した長年のファンも多かったはずだ。その言葉は、本年(2017年)バーゼルワールドでの新作群がすべて「レギュレーター」モデルに特化されていることからも明らかである。


 かつて時計師が、最終時刻調整用の標準時計として使用したレギュレーター。これを規範とした、初の量産型手巻き式腕時計をクロノスイスが発表したのは1987年のこと。以来、当モデルは同社を代表するコレクションとして成長すると共に、レギュレーターという時計の存在と魅力を愛好家に広めた役割も大きかったと言える。


 シリウス(Sirius)コレクションに統括される今回の新作は、時・分・秒が各々独立する表示方法は堅持する一方、インダイアルの形状や大きさ、メインダイアルのスケルトナイズなど様々なバリエーションを持ちつつ、全体的にモダンな仕上がりになっているのが特徴だ。


「シリウス フライング・グランドレギュレーター(Sirius Flying Grand Regulator)」は、1994年に発表されたケース径44mmの大型モデルの遺伝子を引き継ぐもので、スケルトン・バージョンの他、小ぶりのケース径である「シリウス フライング・レギュレーター マニュファクチュール(Sirius Flying Regulator Manufacture)」も用意される。また、アラビア数字インデックスや大型のスモールセコンドなどが採用された「シリウス レギュレーター クラシックデイト(Sirius Regulator Classic Date)」は、今回の中では最もモダナイズされ、コレクションに新風を巻き起こす存在となっている。



取材・文:田中克幸 Report&Text:Katsuyuki Tanaka
写真:堀内僚太郎 / Photos:Ryotaro Horiuchi

※表記は2017年7月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



クロノスイス(CHRONOSWISS) についてのお問合せは……
栄光時計株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東4-19-17
TEL:03-3837-0783

>>クロノスイス(CHRONOSWISS)公式サイトはこちら


CHRONOSWISS Contents List | クロノスイス コンテンツリスト

CHRONOSWISS MENU | クロノスイス メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。