BASEL WORLD2017 Arnold & Son New Model | 2017年 アーノルド&サン新作情報

18世紀の英国海洋覇権を支えたクロノメーターという原点を顕彰
アーノルド&サン(Arnold & Son)

 15世紀中頃から17世紀中頃にかけての “大航海時代” に乗り遅れた英国だが、この国家の大事業を成功させるためには、大洋上での船の位置確認を可能とする、経度測定用の高精度機器が必要と判断、1714年に英国議会は経度法を制定する。これには母港からの出港後、母国と同じ時刻を正確に刻む船舶用高精度時計=マリンクロノメーターが必須とされ、著名な時計技術者達が開発に挑戦した。


 その中のひとりがジョン・アーノルド(1736〜1799)である。彼は英国王室御用達時計と、マリンクロノメーターの発明という両面で活躍した時計師。特に後者では1770年、英国政府の経度委員会に提出し、その精度に委員会が感銘した初号機以降、彼のマリンクロノメーターは、数々の海洋探検で使用された。


 1764年にロンドンのストランドで開いたジョン・アーノルドの工房は、友人であるアブラアン-ルイ・ブレゲの元で修行した、息子のジョン・ロジャー・アーノルドと共に発展し、「アーノルド&サン(Arnold & Son)」として英国時計史に名を残すに至った。


 しばらくの休眠時期もあったが、1995年に「ザ・ブリティッシュ・マスターズ」グループの元で復活、さらに同グループの資本元の変遷を経て、2012年からシチズンの傘下に入り、2017年にはシチズンの1ブランドになったばかりだ。


 現在、アーノルド&サンの時計は2種類のコレクションで構成されており、ひとつは英国王室用時計を源とする「ロイヤル・コレクション(ROYAL COLLECTION)」、もうひとつは息子と共に開発した、マリンクロノメーターに代表される高精度計測機器を範とする「インストゥルメント・コレクション(INSTRUMENT COLLECTION)」である。前者ではすでに20種類以上揃うモデルに加え、2017年の本年は「トゥールビヨン クロノメーター No.36(Tourbillon Chronometer No.36)」と、「HM ファルコン(HM Falcon)」、後者では既存の17種類に新たに「DSTB」と「DBG スケルトン(DBG Skeleton)」がラインナップされた。



取材・文:田中克幸 Report&Text:Katsuyuki Tanaka
写真:堀内僚太郎 / Photos:Ryotaro Horiuchi

※表記は2017年7月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2017年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。



アーノルド&サン(Arnold & Son) についてのお問合せは……
ブローバ相談室
TEL: 0570-03-1390

>>アーノルド&サン(Arnold & Son) 公式サイトはこちら
>> アーノルド&サン(Arnold & Son)のGressive掲載ショップはこちら


Arnold & Son Contents List | アーノルド&サン コンテンツリスト

Arnold & Son MENU | アーノルド&サン メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。