BASEL WORLD 2017 | 2017 BASEL WORLD 新作 レポート バーゼル定点観測23年。その輝きと存在感は今も健在!

BASEL WORLD 時を巡る旅 2017

2017 BASEL WORLD REPORT
バーゼル定点観測23年
その輝きと存在感は今も健在!

 毎年春(3〜4月)にスイス・バーゼル市で開催される世界最大級の時計宝飾見本市「バーゼルワールド(BASEL WORLD)」。2017年は3月23日から30日に開催されたが、この取材を開始してから、早いもので今年で23年目を迎えた。


 つまり、この23年間、我々は「バーゼルワールド」という見本市を中心として、スイス時計(とそれを取り巻く時計業界)の定点観測を続けてきたことになる。その立場から言うと、現在の時計業界はなかなか厳しい状況にある。


 事実、バーゼルワールド事務局が3月20日に発表したリリースによれば、2017年の来場者は10万人は越えたものの、2016年と比べマイナス4%とのこと。出展ブランドも200ほど減り、昨年までメインホール外に設置され、独立系ブランドを集めた「THE PALACE(ザ・パレス)」という特設テントが消え、メインホール3階に「LES ATELLIERS(レ・ザトリエ=工房という意味の仏語)」というスペースが設けられ、50以上の独立系ブランドが出展した。


 意地の悪い見方をすれば、メインホールの出展ブランドが減ったため、独立系ブランドを収容するスペースが生まれたことになるが、時計ファンには嬉しいニュースだ。


 このように需要が伸び悩む市場の動きに呼応し、各社から発表される新作の価格が微妙にリーズナブルになってきた印象があるが、これも時計ファンには朗報だろう。


 またトレンドとしてはスポーツ系ウォッチの充実がある。オメガの「スピードマスター」初代モデルの発表は1957年であり、今年で誕生60周年。同年、オメガは本格ダイバーズ・ウォッチ「シーマスター300」、鉄道時計「レイルマスター」という “トリロジー(三部作)” を発表したが、これらの歴史的モデルも一挙に復刻した。


 そしてロンジンの「フラッグシップ」も60周年。ブライトリングのダイバーズ・ウォッチ「スーパーオーシャン」も60周年。世界初の電池式腕時計であるハミルトンの「ベンチュラ」も60周年と、“1957年” が時計界にとって極めて重要であったことを再認識した。


 このような周年記念モデルを含め、ヴィンテージ・ルックの復刻モデルが多数発表されたのも2017年のトレンドだ。


 一方、新体制で時計界に存在感を誇示しようという動きも顕著である。


 日本を誇る高級時計ブランド「グランドセイコー(GS)」は、セイコーのいちブランドという位置づけから脱却し、自由なポジションで製品開発を推進するという。


 さらに、もうひとつの国産時計メーカーである「シチズン」は、「ブローバ」、「アーノルド&サン」、「フレデリック・コンスタント」などの海外ブランドを傘下に収めてグローバル戦略を展開。バーゼルでは各ブランド独自のブースの他、傘下ブランドを集めた特別ブース「シチズン パビリオン」を設け、国の枠を超えたグループ体制の確立をアピールした。


 このように見ると、低調といわれる時計市場も、決して現状に甘んじているわけではないことがわかる。しかも、一時は若者の時計離れが心配されたが、最近ではリーズナブルなアナログ・クォーツ・ウォッチが人気で、若者(とくに女性)の間で腕時計を楽しむことがトレンドになってもいる。


 我々が23年前に始めたスイス現地取材。そのひとつの柱であるバーゼルの時計宝飾見本市は、まだまだその輝きと存在感を失ってはいないのだ。


総論:名畑政治 / Text:Masaharu Nabata
写真:江藤義典 / Photos:Yoshinori Eto


2017バーゼルワールド
取材・文:名畑政治、田中克幸、篠田哲生、竹石祐三 / Report&Text:Masaharu Nabata、Katsuyuki Tanaka、Tetsuo Shinoda、Yuzo Takeishi
写真:堀内僚太郎、江藤義典 / Photos:Ryotaro Horiuchi、Yoshinori Eto



BASEL WORLD 2017 Report List | 2017年BASEL WORLD ブランドレポート一覧


2017 New model flashreport | 2017年 新作情報一覧

BASEL WORLD 2017 information | 2017年BASEL WORLD 取材詳細

BASEL WORLD(バーゼル・ワールド)2017 詳細

開催期間 : 
2017年3月23日(木)〜3月30日(木)

出展ブランド : 
ロレックス(ROLEX)、ブルガリ(BVLGARI)、ブライトリング(BREITLING)、カール F. ブヘラ(CARL F. BUCHERER)、シチズン(CITIZEN)、ラドー(RADO)オメガ(OMEGA)、アルピナ(ALPINA)、フレデリック・コンスタント(FREDEROQUE CONSTANT)、ハミルトン(HAMILTON)、メカニケ・ヴェローチ(MECCANICHE VELOCI)、エドックス(EDOX)、ブレゲ(Breguet)など



BASEL WORLD(バーゼルワールド、バーゼル・フェア)とは?
スイスで開催されるこのBASEL WORLD(バーゼルワールド、バーゼル・フェア)という祭典では、毎年世界のウォッチブランドが一同に集結して、新作発表がおこなわれています。バーゼルワールドは世界最大級の規模を誇り、時計だけではなく宝飾やジュエリーなどの展示もおこなうワールドメッセです。また、このバーゼルワールドはSIHHと違い、一般客も入場できるオープンな会場となっています。
多数のウォッチブランドが、この日の新作発表の場にそなえて、向こう一年の社運をかけた渾身のニューウォッチを携えてやってくるこの祭典は、腕時計ファンには見逃せない内容となっています!
Gressiveでは毎年スイスへ赴き、バーゼルワールド(BASEL WORLD、通称バーゼルフェア)の会場から、新作ウォッチの情報をどこよりも早く配信しています。

 Gressiveメルマガ、FACEBOOK、Twitterでは腕時計の最新情報やコンテンツの更新情報をお届けしています。2017年のBASEL WORLD(バーゼルワールド)レポートの更新情報もこちらからお届けしています。
 この機会にぜひ、最新情報メルマガ、FACEBOOK、Twitterにご登録ください。





MENU | メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。