SIHH2016 CARTIER New Model | 2016年 カルティエ新作情報

多彩な要素を融合させ 独自の進化を続けるパリのメゾン
カルティエ(CARTIER)

  フランス・パリの伝統的なジュエラー(宝石商)にして、時計界にも偉大な足跡を残し、今も多大な影響を与え続けるメゾン、それがカルティエ(Cartier)。

  そのカルティエから、“EXCELLENCE, DRIVE AND PASSION(エクセレンス、ドライブ&パッション)”という三つの要素を融合させた、エクストラオーディネール(extraordinaire=非凡で素晴らしいという意味)な新作が2016年のSIHHにて発表された。

  まず男性モデルでは、「ドライブ ドゥ カルティエ(Drive de Cartier)」が登場。

  これは男らしさを表現する斬新にして、ボリューム感に溢れる40.0×41.0mmのクッション・ケースを採用。サテン仕上げとポリッシュ仕上げを使い分けることで優雅さとスポーティさを両立させている。

  2016年5月にはベーシックな3針モデルを4モデルとフライングトゥールビヨンが発売予定。さらに9月にはスモールコンプリケーションのモデルが発売される予定だ。


  一方、婦人用モデルには「イプノーズ(Hypnose)」が登場。これはオーバル・シェイプのケースにダイヤモンド装飾を取り入れたエレガントなモデルである。

  サイズは二種類(SM 26.2×30.0mm、 MM 33.3×37.8mm)あり、全10モデルを展開する。

  さらにカルティエでは、ハイジュエリーとオートオルロジュリー(高級機械式時計)を融合させた23の新作タイムピースを発表。  1912年に最初のモデルが作られ、カルティエの伝統的な作品となった「ミステリークロック」の技術を発展させた「ロトンド ドゥ カルティエ アストロミステリアス(Rotonde de Cartier Astro Mysterious)」が登場。

  また、工芸技術を駆使して1999年に誕生した「カルティエ ダール(Cartier d'Art)」のコレクションからは、2013年に発表された「グラニュレーション(粒金)」技法を応用した「バロン ブルー ドゥ カルティエ パンテール エナメル グラニュレーション(Ballon Bleu de Cartier Panthère Enamel Granulation)」がリリースされた。



取材・文:名畑政治 Report&Text:Masaharu Nabata
写真:堀内僚太郎、江藤義典 / Photos:Ryotaro Horiuchi、Yoshinori Eto
※表記は2016年2月現在のものになります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
※2016年最新作レポートの掲載価格つきましては、税抜き表記を行っているものもあります。




CARTIER(カルティエ) についてのお問合せは……
カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL: 0120-301-757
(年末年始を除く毎日10:00-20:00)
CARTIER(カルティエ) 公式サイトはこちら
CARTIER(カルティエ) のGressive掲載ショップはこちら


Cartier Contents List | カルティエ コンテンツリスト

Cartier MENU | カルティエ メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅

TIRET

MECCANICHE VELOCI

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。