SIHH2013 BAUME & MERCIER New Model | 2013年 ボーム&メルシエ新作情報

コストパフォーマンスに優れた新コレクションを発表
ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)

  SIHHはジュネーブ国際空港の横にある巨大な見本市会場「PALEXPO」にて開催される。会場内はブランドごとに巨大ブースが作られ、その内部を自由に演出するのだが、個人的にはボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)が好みだ。

  エントランスをくぐると、そこはまるで別荘。窓の外にはデッキがあり、青い海がすぐ近くに見える。これはファブリックに風景写真を印刷しているに過ぎないのだが、ディテールまで作り込んでおり、光源の作り方も上手なので、フェイクだとわかっていても脳が騙される。大きなソファにゆったり座っているだけで、不思議と落ち着いた気分になってくるのだ。

  なぜボーム&メルシエはこのようなブースを作っているのか?

  彼らは現在「シーサイドリビング」というコンセプトを掲げている。海辺の別荘で暮らす満ち足り生活に寄り添うような、品の良い時計を作るというのが、ボーム&メルシエの戦略なのだ。


  今年は「クリフトン(CLIFTON)」という新コレクションを発表した。今回のSIHHの中でモデルやラインのエクステンションではない、完全なる新作は、恐らくコレだけだろう。それだけボーム&メルシエが好調であるということだ。

  さて肝心の「クリフトン」だが、ボーム&メルシエが得意としている過去のアーカイブを引用する方式を継続しており、今回は1950年製モデルをベースに作られた。

  端正で上品な佇まいに仕上げており、いかにも高額品に見えるのだが、ゴールドケースであっても120万円。通常のSSモデルであれば20万円台という驚異のプライスレンジに納めている。

  どんな時代であっても、コストパフォーマンスに優れた商品であれば確実に評価される。長年の歴史と積み重ねた伝統、誰からも愛されるデザイン、そしてこなれた価格を備えた「クリフトン」は、2013年のSIHHにおける"コストパフォーマンス大賞"であることは疑うべくもない。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)

※表記は2013年3月現在のものになります。



BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ) についてのお問合せは……
リシュモン ジャパン株式会社 ボーム&メルシエ
〒102-0083 東京都千代田区麹町 1-4 半蔵門ファーストビル
TEL:03-3288-6335
>>ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER) 公式サイトはこちら
>>ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER) のGressive掲載ショップはこちら


BAUME&MERCIER Contents List | ボーム&メルシェ コンテンツリスト

BAUME&MERCIER MENU | ボーム&メルシェ メニュー


”BASEL WORLD , SIHH , WPHH , GTE ,& other BRANDS NEW MODEL” 時を巡る旅


2014 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。