SIHH2012 MONTBLANC New Model | 2012年 モンブラン新作情報

伝統とクラシック、そして前衛。全てが入り混じるモンブラン・マジック
モンブラン(MONTBLANC)

  ドイツ・ハンブルグにて1906年に創業された筆記具の名門メーカー「モンブラン(MONTBLANC)」。今では完全に時計メーカーとしての地位を確立した。

  スイス時計産業の中心地ル・ロックルの瀟洒なシャトーを改装した自社工房では、自社ムーブメントの研究開発を一歩一歩着実に進めている。

  2012年は新しい自社製ムーブメントとして、自動巻き式のCal.MB R210をリリース。これは人気のクロノグラフ・コレクション「ニコラ・リューセック(Nicolas Rieussec)」に搭載するために開発しており、ホームタイム表示をディスク式に変更することで、派手さはないが着実な進化を遂げた。

  その一方でモンブラン時計のメイン・ターゲットと思われるビジネスマンに向けては、クラシックなシンプルウォッチとして「モンブラン スター クラシック オートマティック(Montblanc Star Classique Automatic)」を作り上げ、ブレの無い姿勢を貫いている。

  ブレが無いといえば、ハイエンドモデルを作り出す「コレクション ヴィルレ 1858(COLLECTION VILLERET 1858)」も、相変わらず独自の世界観を提案してくれた。

  例えば「タイムライターII クロノグラフ バイ-フリークエンス1.000(Montblanc TimeWriter II Chronographe Bi-Fréquence 1.000)」は、1/1000秒を計測するという超絶機構。昨年の2011年に登場したタグ・ホイヤーのそれとはまったく異なる方式をとっているそうだが、その詳細は現在調査中である。

  さらにミュンヘンに拠点を構えるクロックメーカー、エルウィン・サトラー(Erwin Sattler)との共作となる「グランド レギュレーター ノーティック(写真下)」は、マリンクロノメーターをイメージした巨大なクロック(腕時計の置き台にもなっている)の方が、圧倒的に巨大で目立つという快作。

  36,330,000円という超高額モデルで生産数も8セットのみとなる本作は、果たしてどんな人が購入するのか…。という野次馬的な興味が湧いてくるが、独特の時計作りへの感性はなかなかにユニーク。モンブランというメーカーは、我々が思う以上にアバンギャルドで、型破りな存在なのである。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)

※表記は2012年3月現在のものになります。



2012 SIHH & WPHH SHOP Recommended Brand2012年SIHH(ジュネーブサロン) &WPHH バイヤーおすすめブランド紹介

BEST新宿本店 宝石の八神 oomiya大阪・心斎橋店 カミネトアロード店 アイアイ・イスズ タイム・アート トミヤ

MONTBLANC(モンブラン) についてのお問合せは……
モンブラン銀座本店
〒102-0083 東京都中央区銀座7-9-11
TEL: 03-5568-8881
>>モンブラン(MONTBLANC) 公式サイトはこちら
>>モンブラン(MONTBLANC) のGressive掲載ショップはこちら
※上記商品を取り扱っていない店舗もございます。


MONTBLANC Contents List | モンブラン コンテンツリスト

MONTBLANC MENU | モンブラン メニュー

“電波×GPS”のハイブリッド化で、最高峰G-SHOCKが世界を制覇する。

VAN DER BAUWEDE (ヴァン デル ボーヴェデ)

メカニケ・ヴェローチ(MECCANICHE VELOCI)

“デザイン

PEQUIGNET (ペキニエ)

vulcain(ヴァルカン)サテライトサイト


2014 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。