SIHH2012 BAUME & MERCIER New Model | 2012年 ボーム&メルシエ新作情報

昨年モデルを熟成させることで、ユーザーフレンドリーな存在を目指す
ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)

  さる時計店のオーナーを取材した際、その人は「新作発表のスパンが短すぎる」との苦言を呈していた。事実、時計の生産と新作の開発を同時に行うというのは、どのメーカーにとってもかなり難儀なことだろう。

  それならば毎年の新作ラッシュを目指さずに、しっかりと時間をかけて良作時計を開発するメーカーがあっても不思議ではない。話題性は減るかもしれないが、ユーザーに対する誠実な態度として評価できるだろう。

  正直にいうと、今年(2012年)のボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)の新作は、ほとんどが昨年モデルのエクステンションである。

  しかしそれは2011年が大豊作だったから。この年、ボーム&メルシエはロゴマークを刷新し、さらに主軸コレクションである「ケープランド(CAPELAND)」と「ハンプトン(HAMPTON)」のリニューアルを敢行。事実、これらの時計たちはかなり評判がよく、日本市場でも相当数が売れたそうだ。

  それゆえに新作は昨年モデルのエクステンションではあるが、それでも十分に魅力的だ。「ケープランド クロノグラフ(CAPELAND CHRONOGRAPH)」では、44o径モデルが追加され、さらにムーブメントもETA製からラ・ジュー・ペレ製へと変更された。

  さらにエクスクルーシブ・モデルと呼ばれる「ケープランド フライバック クロノグラフ(CAPELAND FLYBACK CHRONOGRAPH)」では、ブラック×マロンの文字盤色を追加している。

  ユーザーフレンドリーな熟成としては、メタルブレスレット・モデルが追加され、高温多湿な日本の夏でも快適に着けることができるようになった。

  ボーム&メルシエはSIHHに参加する時計メーカーの中では、最もこなれたプライスに抑えている。だからだろうか、ユーザーに寄り添おうという意識を強く感じることができる。 新作を多作するより既存モデルの熟成を進めるというのは、彼らにとっては至極まっとうな戦略なのである。



取材・文:篠田哲生 Report&Text:Tetsuo Shinoda
写真:堀内僚太郎(Storm) Photos:Ryotaro Horiuchi(Storm)

※表記は2012年3月現在のものになります。



2012 SIHH & WPHH SHOP Recommended Brand2012年SIHH(ジュネーブサロン) &WPHH バイヤーおすすめブランド紹介

BEST新宿本店 宝石の八神 oomiya大阪・心斎橋店 カミネトアロード店 アイアイ・イスズ タイム・アート トミヤ

BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ) についてのお問合せは……
リシュモン ジャパン株式会社 ボーム&メルシエ
〒102-0083 東京都千代田区麹町 1-4 半蔵門ファーストビル
TEL:03-3288-6335
>>ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER) 公式サイトはこちら
>>ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER) のGressive掲載ショップはこちら


BAUME&MERCIER Contents List | ボーム&メルシェ コンテンツリスト

BAUME&MERCIER MENU | ボーム&メルシェ メニュー


2014 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。