ドイツの時計製作は、古くから盛んだった。創成期には、イギリスやフランス、そしてスイスでさえも凌ぐほど、その技術は進んでいたという。旧東ドイツ時代には国営化されていたドイツブランドが、近年次々と待望の復活を遂げており、さらには新しいブランドが誕生している。この特集では、スイスとは異なる<時計哲学>をもつドイツ製の時計たちの、奥行きを探っていきたい。

取材・文:越知絵里香/写真:岸田克法
A. LANGE & SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ) クロノスイス(CHRONOSWISS)
グラスヒュッテ・オリジナル(GLASHÜTTE ORIGINAL) NOMOS(ノモス)


MENU | メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。