The Wristwatch Who I Love. | 私の愛する腕時計 -ロレックス/エクスプローラーII Ref.16570-

私の愛する腕時計 第二回 名畑副編集長の巻/ロレックス/エクスプローラーII Ref.16570 取材・文:名畑政治 撮影:高橋和幸(PACO)

腕は二本しかないのに、似たような時計をいくつも集めてしまうのが時計マニアの性(さが)? 
さて第二回は、最近入手したロレックスがお気に入りという名畑副編集長に登場してもらおう。

プロフィール

名畑政治(なばた・まさはる)
グレッシブ副編集長

1959年、東京生まれ。1985年ごろからアウトドア雑誌でフリーライターとして活動開始。1990年代に入り、時計、カメラ、ファッションなどに領域を拡げ、時計専門誌やモノ情報誌を中心に取材・執筆。1994年から現在までスイス時計フェアの取材を継続中。著書は「オメガ・ブック」、「セイコーブック」(以上、徳間書店)、「カルティエ時計物語」(共著・小学館)など。

「欠点はありますが、それもこの時計の味ですよね」

*いつ手に入れましたか?


「割と最近です。ちょっと前のモデルを友人から購入しました」


*なぜ、この時計を選んだのですか?


「20年以上前からロレックスのエクスプローラー(Ref.1016)を愛用しているんですが、いつかは兄弟モデルのエクスプローラーIIを手に入れたいと思っていたんです。そのときは当然、初期モデル(Ref.1655)を想定していたのですが、このところ価格が高騰し過ぎて入手が非現実的となったので、現行モデルに近いコレを手に入れました。ただ、初期モデルは単なる24時針付きだったので、結果的にはGMT機能を搭載した"ほぼ現行モデル"を買って正解でしたね。なにしろ海外取材が結構あるので、ひとつはGMTモデルが欲しかったんです」


*どこが気に入ってますか?


「オールド・ロレックスの良さを継承する、ほぼ最後のモデルであること。また、海外出張に便利なGMT針を装備し、ベゼルがアルミに印刷じゃなくてスチールに数字が彫刻されている点。それに直径40.0mmなのでバカでかくなく、腕への収まりもいい。さらにラグにバネ棒の穴が空いているのも気に入ってます。最近のモデルは穴がないですが、この穴がなくっちゃ、僕にはロレックスって気がしません」


>>>想像を超える膨大なコレクション。だが、そこにマニアゆえの悩みがある?



ロレックス(ROLEX) についてのお問合せは……
日本ロレックス(株)
〒100-8345 東京都千代田区丸ノ内 2-3-2 郵船ビル1F
TEL: 03-3216-5671
>>ロレックス(ROLEX) 公式サイトはこちら


ROLEX Contents List | ロレックス コンテンツリスト

ROLEX MENU | ロレックス メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。