ラグジュアリーというスタイルの提案

ポール・ゲルバーは、若干27歳でチューリッヒに自身の工房を立ち上げ、数多くの時計のレストレーションや製作を行ってきました。1996年に、自身の時計ブランド、Paul Gerberをスタートさせ、2つのローターを備えたユニークなモデル、レトロツインで特許を取得しています。また、これまでに、当時世界でもっとも複雑といわれた、ルイ・エリゼ・ピゲムーブメントに、世界最小フライングトゥールビヨンやジャンピングミニットつきスプリットセコンドクロノグラフを付加した、世界一パーツ数の多いムーブメントを完成させたほか、世界最小の木製クロックでギネスブックにも認定されています。ラ・ショー・ド・フォンの国際時計博物館で販売されている、The MIH Watchのムーブメントも手がけています。"どんな難題も解けるはず"という信条のもと、豊かな発想力を武器に新しいムーブメントを生み出す時計師、それがポール・ゲルバーなのです。