VACHERON CONSTANTIN | ヴァシュロン・コンスタンタン 「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作が登場

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作が登場

 ヴァシュロン・コンスタンタンが、「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作を加えます。ヴィンテージの雰囲気が際立つこれらの新しいモデルには、1940年代に誕生したアイコニックな時計の独創的で美しいデザインが再現されています。


  新しい「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942」と「ヒストリーク・トリプルカレンダー1948」では、カレンダー機能に加え、トリプル・ゴドロン装飾のラウンド型ケースや2トーンの文字盤、“クロウ(鉤爪)” 型と呼ばれるタイプのラグ、機械式手巻きムーブメントなどが特徴になり、ヴァシュロン・コンスタンタンの当時の複雑時計の典型的なスタイルが甦ります。



一つのスタイル、二つのアイコン


 ヴァシュロン・コンスタンタンが今回復刻した1942年と1948年のカレンダーウォッチは、“実用コンプリケーション” の分野における専門技術や、カレンダー表示に特有のデザインに焦点を当てています。この点はオリジナルモデルの特徴を反映するデザインコードによく表れている一方で、そこには現代的なアレンジも施されています。ステンレススティールによるトリプルカレンダー・モデルや、18K(4N)ゴールドでムーンフェイズ表示も加わるトリプルカレンダー・モデルとして登場した新作は、いずれも直径40mmのケースを採用し、“クロウ(鉤爪)” 型のラグを配し、独特の “トリプル・ゴドロン(3列の溝を彫った装飾)” が施されたケースバンドのように、ヴァシュロン・コンスタンタンの40年代の典型的なスタイルを語る数々の特徴が随所に再現されています。


  ケースは3気圧の防水性が備わり、ボックス型に加工されたサファイアクリスタルの風防は、極めて細身のベゼルを取り付けられるように、若干厚く作られています。また、ケースバックのサファイアクリスタルを通して、コンプリートカレンダーを搭載する新型ムーブメント、キャリバー4400QC とムーンフェイズ付きのキャリバー4400QCL(Lはフランス語のLune=月の略)が見渡せ、これらに施された高級時計ならではの仕上げも鑑賞できます。振動数4Hz(毎時28,800振動)の機械式手巻きムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンが完全に自社で開発製造を行ったもので、20世紀半ばに誕生したカレンダーウォッチのオリジナルスピリットを継承しつつ、パワフルな香箱によって約65時間という余裕のパワーリザーブを実現しています。



ヒストリーク・トリプルカレンダー1942


 新作のまずはじめのモデルは、ステンレススティールで作られ、1942年にイエローゴールドやピンクゴールド、ステンレススティールで発表された「リファレンス 4240」から着想されています。オリジナルに忠実なエレガントで控えめなこの新作は、センター針による時分表示と6時位置のスモールセコンド表示に加え、針による日付と窓による曜日および月表示が備わります。当時の典型的な2トーンのシルバー仕上げの文字盤に配されたカレンダー表示の色は、ボルドーもしくはダークブルーから選ぶことができます。また、中央部がサンバーストのサテン仕上げで、外周にアラビア数字が点在するデザインは、各表示機能の視認性を高めるとともに、レトロでシックな表情を上品に引き立てています。



ヒストリーク・トリプルカレンダー1948


 次の「ヒストリーク・トリプルカレンダー1948」は、当時のモデルと同様に 18K(4N)ピンクゴールドで作られていています。素材のタッチはオリジナルに近く、非常にエレガントなスタイルを時計にもたらしています。各200本限定の新作に再現されている原型は、1948年発表の「リファレンス 4240 L」です。Lはフランス語のLune=月を意味し、高精度ムーンフェイズ表示という非常に高度な天文複雑機能を加えたトリプルカレンダーと6時位置のスモールセコンドが特徴になっていました。原型の美しいデザインや独特の個性は、現代版のモデルにも生かされています。中央部はシルバーオパーリン、外周部をサンバーストサテン仕上げにして、その微妙な違いが趣を生む文字盤にアプライドのアラビア数字と三角形のインデックスが散りばめられ、バトン型の細い針が回転します。カレンダー表示とムーンフェイズ表示のディスクの色はボルドーもしくはダークブルーを選ぶことができます。そして、ボルドーにはブラウン、ダークブルーには同色のレザーストラップが組み合わされ、それぞれにピンバックルが付属します。



伝統に根ざすオリジナルスピリット


 ヴァシュロン・コンスタンタンは、ジャン=マルク・ヴァシュロンが1755年に創業してから間もなく、初のカレンダー表示機能を開発しました。19世紀も、コンプリートカレンダーやパーペチュアルカレンダー、あるいはそれにミニットリピーターといった高度な複雑機構を組み合わせたレベルの高い懐中時計を創作して、複雑時計の専門技術に対する熟達ぶりを証明してきました。ヴァシュロン・コンスタンタンが腕時計でカレンダーウォッチを初めて製作した時期は 1920年にまで遡り、自社の歴史においては、まさに1940年代がカレンダーウォッチの黄金期でした。当時作られたさまざまなカレンダー付きのモデルは、ヴァシュロン・コンスタンタンにとって世界市場での販路拡大や名声の確立に大きく貢献しました。「ヒストリーク」コレクションに加わる2つの新しいモデルを発表するにあたって参考にしたのも、その頃を代表するアイコンウォッチの「リファレンス 4240」(1942年)と「リファレンス 4240 L」(1948年)でした。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作が登場

原点回帰としての「ヒストリーク」コレクション


 ヴァシュロン・コンスタンタンの伝説のモデルの多くは、稀少で収集家の垂涎の的になっています。「ヒストリーク」コレクションでは、20年以上にも渡ってそうしたモデルの復刻に努めてきました。非常に特別なモデルを擁するコレクションは、1755年の創業以来、自社の歴史を画す、各時代の典型的な創作とされる原点モデルを取り上げています。こうしたアプローチによって誕生した現代モデルは、ヴィンテージの味わいが豊かに息づき、同時に、ヴァシュロン・コンスタンタンの技術遺産や美的デザインの遺産に新たな息吹を吹き込んでいます。



ヒストリーク・トリプルカレンダー (写真右上から順に)


ヒストリーク・トリプルカレンダー1942

Ref.:3110V/000A-B425
ケース径:40.00mm
ケース厚:10.35mm
ケース素材:SS
防水性:3気圧 (約30m)
ストラップ:ブラウンのミシシッピ・アリゲーターレザー、SS製クラスプ
ムーブメント:手巻き、Cal.4400QC(自社開発・製造)、毎時28,800振動、約65時間パワーリザーブ、21石
仕様:ジュネーブ・シール取得、時、分、6時位置にスモールセコンド、コンプリートカレンダー(指針による日付、窓による曜日と月)、シルバーのサンバーストサテン仕上げの文字盤、ブラックのペイントによるアラビア数字、ボルドーの日付目盛り、サファイアクリスタルのシースルーケースバック
予価:2,125,000円(税抜)
発売予定:2017年冬


Ref.:3110V/000A-B426
ケース径:40.00mm
ケース厚:10.35mm
ケース素材:SS
防水性:3気圧 (約30m)
ストラップ:ダークブルーのミシシッピ・アリゲーターレザー、SS製クラスプ
ムーブメント:手巻き、Cal.4400QC(自社開発・製造)、毎時28,800振動、約65時間パワーリザーブ、21石
仕様:ジュネーブ・シール取得、時、分、6時位置にスモールセコンド、コンプリートカレンダー(指針による日付、窓による曜日と月)、シルバーのサンバーストサテン仕上げの文字盤、ブラックのペイントによるアラビア数字、ブルーの日付目盛り、サファイアクリスタルのシースルーケースバック
予価:2,125,000円(税抜)
発売予定:2017年冬


ヒストリーク・トリプルカレンダー1948

Ref.:3100V/000R-B359
ケース径:40.00mm
ケース厚:10.35mm
ケース素材:18K ピンクゴールド
防水性:3気圧 (約30m)
ストラップ:ブラウンのミシシッピ・アリゲーターレザー、18K ピンクゴールド製クラスプ
ムーブメント:手巻き、Cal.4400QCL(自社開発・製造)、毎時28,800振動、約65時間パワーリザーブ、21石
仕様:ジュネーブ・シール取得、時、分、6時位置にスモールセコンド、コンプリートカレンダー(指針による日付、窓による曜日と月)、高精度ムーンフェイズ、シルバーオパーリン仕上げ、外周サテンフィニッシュ仕上げの文字盤、18K ピンクゴールドのアプライドインデックス、ボルドーの日付目盛り、サファイアクリスタルのシースルーケースバック
限定:世界限定200本
予価:3,800,000円(税抜)
発売予定:2017年冬


Ref.:3100V/000R-B422
ケース径:40.00mm
ケース厚:10.35mm
ケース素材:18K ピンクゴールド
防水性:3気圧 (約30m)
ストラップ:ダークブルーのミシシッピ・アリゲーターレザー、18K ピンクゴールド製クラスプ
ムーブメント:手巻き、Cal.4400QCL(自社開発・製造)、毎時28,800振動、約65時間パワーリザーブ、21石
仕様:ジュネーブ・シール取得、時、分、6時位置にスモールセコンド、コンプリートカレンダー(指針による日付、窓による曜日と月)、高精度ムーンフェイズ、シルバーオパーリン仕上げ、外周サテンフィニッシュ仕上げの文字盤、18K ピンクゴールドのアプライドインデックス、ブルーの日付目盛り、サファイアクリスタルのシースルーケースバック
限定:世界限定200本
予価:3,800,000円(税抜)
発売予定:2017年冬


[お問合せは]
ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:0120-63-1755
www.vacheron-constantin.com

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する2つの新作が登場

VACHERON CONSTANTIN Contents List | ヴァシュロン・コンスタンタン コンテンツリスト

VACHERON CONSTANTIN MENU | ヴァシュロン・コンスタンタン メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。