Cartier | カルティエ 2017年5月25日~7月28日、『CARTIER IN MOTION』開催

Cartier(カルティエ)2017年5月25日~7月28日、『CARTIER IN MOTION』開催

 2017年5月25日から7月28日まで、ロンドンのデザイン・ミュージアムにて、建築家ノーマン・フォスター氏がキュレーターを務める『CARTIER IN MOTION』(カルティエ イン モーション)が開催中です。『CARTIER IN MOTION』は、カルティエの独創的なウォッチメイキングをデザインの視点から掘り下げ、ノーマン・フォスター氏がキュレーター、ディヤン・スジック氏が共同キュレーターを務めます。


  カルティエのアイコニックな腕時計 “サントス” と “タンク” がこのデザイン・ミュージアムのコレクションに加わり、ケンジントン・ハイ・ストリートに移転、リニューアルした常設展『Designer Maker User』にて展示されることとなりました。カルティエを象徴するこれらの作品がコレクションに加わったことにより、デザイン・ミュージアムの館長ディヤン・スジック氏とカルティエは、ノーマン・フォスター氏をキュレーターに指名し、カルティエとデザインをテーマにした展覧会を開催することを決定しました。フォスター氏がこの依頼を引き受けたのは、”サントス” が、彼自身情熱を傾ける飛行というテーマに着想を得たものだったからです。この展覧会のコンセプトを練り上げるため、パリ、ジュネーブ、ラ・ショー・ド・フォンのマニュファクチュール、そして、ロンドン、ミラノなどでミーティングが重ねられました。


  カルティエのウォッチメイキングとモダンな腕時計の発明の歴史を語るにあたり、フォスター氏は、20世紀初頭の社会の大転換が重要な役割を果たしたことに着目しました。当時の、激変する芸術、建築、旅行、そしてライフスタイルに、新しい世界の輪郭を垣間見ることができます。


  170点の展示品には、カルティエ コレクションの作品の他に、モナコ公国コレクション、ル・ブルジェ空港の航空宇宙博物館、ロックフェラー・センターから貸与された作品が含まれます。カルティエのアーカイブから発見されたスクラップブックの抜粋からは、展示品の背景にあるメゾンのデザイナーによる考案の過程にも思いをめぐらすことができます。


展覧会は、次の6つのメインテーマで構成されています。
(1) パリの進化とカルティエのフォルムへの影響
(2) ルイ・カルティエとアルベルト・サントス=デュモンを始めとする時代の先駆者との交流
(3) モダンな腕時計の誕生
(4) 戦後の豪奢なライフスタイルに合わせてデザインされた日常と洗練のアクセサリー
(5) カルティエの時計デザインの進化
(6) 神秘的な時計とスケルトンのムーブメントに見るカルティエのクラフツマンシップ



『CARTIER IN MOTION』 展覧会詳細

開催会場:デザイン ミュージアム
      224-238 Kensington High St, Kensington, London W8 6AG、ロンドン
開催期間:2017年5月25日~7月28日
開館時間:10時から18時まで(最終入館は17時)
※毎月第1金曜日は10時から20時まで開館(最終入館は19時)
入館料:無料

ウェブサイト:
designmuseum.org
newdesignmuseum.tumblr.com
www.fosterandpartners.com



サントス-デュモン リストウォッチ (写真右上)

ケース素材:ゴールド
ストラップ:レザー
仕様:リューズにサファイアカボション


タンク リストウォッチ (写真右下)

ケース素材:プラチナ、ゴールド
ストラップ:レザー
仕様:リューズにサファイアカボション


「カルティエ」に関するお問合せは…
カルティエ カスタマー サービスセンター
0120-301-757

Cartier(カルティエ)2017年5月25日~7月28日、『CARTIER IN MOTION』開催

Cartier Contents List | カルティエ コンテンツリスト

Cartier MENU | カルティエ メニュー

TIRET

MECCANICHE VELOCI

GLAHAM

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。