HARRY WINSTON |  革新的素材と 高精度ムーブメントが証明する ハリー・ウィンストンの先進性

革新的素材と 高精度ムーブメントが証明する ハリー・ウィンストンの先進性

 華麗なる宝飾セッティング技術を誇るハリー・ウィンストン。そのもうひとつの顔が、時計メーカーとしての先進性である。


 2004年、ハリー・ウィンストンは、その先進性を存分に発揮したメンズ・ウォッチのコレクション、「プロジェクト Z」をスタートさせた。


 このコレクションは、革新的な技術や素材と、伝統的な時計作りの技を融合させることで、新たな個性を創出する限定生産シリーズ。


 そこに2015年、9作目となる新たなモデルが加わった。それが「プロジェクト Z9」である。


 コレクションに共通するのは、ハイテク金属「ザリウム™」製のケース。これはジルコニウムを主原料とし、軽く、硬く、耐食性も高く(腐食に強い)、低アレルギー性という、まさに理想のケース素材である。


 通常は宇宙工学の世界で使用されるが、ハリー・ウィンストンはこれを時計のケースに採用。非常な軽さとさまざまな特徴が存分に活かされている。


 グレーのメタリックな表面はサテン仕上げが施され、エッジ部分を超微粉処理することで精悍さを獲得している。


 また、このモデルで目を引くのは、大胆なオープンワークが施されたダイヤルである。


 オープンワークのダイヤルやスケルトン加工というと、通常はクラシカルな印象が強いが、「プロジェクト Z9」はあくまでもモダンな感覚が強調され、オープンなダイヤルからは、ムーブメントを構成する部品がかつてないインパクトで迫ってくる。


 この迫力を倍加させるのが、クロノグラフのインジケーター(積算計)だ。向かって右の3時位置には30分積算計、向かって左の9時位置には12時間積算計を設置。6時位置には通常のスモールセコンドではなく、回転する手裏剣型インジケーターによってクロノグラフを作動させていない時でも、時計がアクティブ(稼働中)であることを示す。


 それぞれのインダイヤルはベースのホワイトにブルーがあしらわれ、インダイヤルの目盛りや針、スケルトン加工されたカレンダー・ディスクには、暗闇でブルーに発光するスーパールミノバを塗布。夜間においても確かな視認性を保持してくれる。


取材・文:名畑政治 / Report&Text:Masaharu Nabata
写真:江藤義典 / Photos:Yoshinori Eto

※表記の価格及び内容は掲載当時(2015年)のものとなります。



HARRY WINSTON (ハリー・ウィンストン)についてのお問合せは…
ハリー・ウィンストン・ジャパン 株式会社 カスタマーインフォメーションデスク
〒104-0061  東京都中央区銀座1-8-14
TEL: 0120-346-376 (11:00~18:00)
>>ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON) 公式サイトはこちら
>> HARRY WINSTON (ハリー・ウィンストン)のGressive掲載ショップはこちら


HARRY WINSTON Contents List | ハリー・ウィンストン コンテンツリスト

HARRY WINSTON MENU | ハリー・ウィンストン メニュー

PEQUIGNET

VAN DER BAUWEDE

MECCANICHE VELOCI

PORSHE DESIGN


2015 BASELWORLD&SIHH&WPHH情報更新中

Gressive スマートフォン&モバイル

Gressiveスマートフォン
ブランドニュースやショップ情報がスマートフォンからもご覧いただけます!
www.gressive.jp/s/
Gressiveモバイル
スタッフブログやショップ情報がモバイル版からもご覧いただけます!
www.gressive.jp/m/

メールマガジン

>>腕時計の最新情報をメルマガでお届けします。ぜひご登録ください。